不合理と認められる相違とは?

働き方改革

不合理と認められる相違とは、どのような場合に合理・不合理となるのか?差があればダメなのか、そうではないのか分かり難いですよね。『合理的差ではなく不合理な差の禁止』、『有期契約労働者と無期契約労働者との間の労働条件の相違の […]

派遣労働者には派遣法改正で2本立て制度へ

働き方改革

派遣労働者には派遣法改正により2本立ての制度へ変わります。不合理待遇が禁止となり、派遣先との均等・均衡方式、派遣元との労使協定による一定水準充足待遇法定方式となります。こうして制度を整備することで、派遣労働者の均衡・均等 […]

労働者の心身の状態に関する情報の取扱い

働き方改革

労働者の心身の状態に関する情報の取扱いについて、事業者は、法律又は基づく命令の規定による措置の実施に関し、労働者の心身の状態に関する情報を収集し、保管し、又は使用するにあたっては、労働者の健康の確保に必要な範囲内で収集し […]

把握すべき「労働時間の状況」とは?

働き方改革

把握すべき「労働時間の状況」とは?新安全衛生法の第66条の8の3に規定する労働時間の状況の把握とは、労働者の健康確保措置を適切に実施する観点から、労働者がいかなる時間帯にどの程度の時間、労務を提供し得る状況にあったかを把 […]

自発的残業の放置は黙示の残業命令か!?

働き方改革

自発的残業の放置は黙示の残業命令にあたるのか?上司の許可をとらずに残業をする方が多いと思いますし、そういう企業は多いと思います。しかし、残業は会社の許可の下、行わなければその残業は違反と判断されかねません。勝手な残業は違 […]

労働基準法の労働時間をめぐって

働き方改革

労働基準法の労働時間を巡って、労働基準法上の労働時間は、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいい、労働者が何もしていなくても指揮命令下に置かれていれば、それは労働時間としてカウントされます。こうしたときは手待ち […]

ページの先頭へ

error: Content is protected !!