残業時間を減らすためための助成金がありますので、ご紹介します。その名も『時間外労働等改善助成金の時間外労働上限設定コース』です。残業の上限時間を設定し長時間労働を見直すことを目的としています。お金で人手を減らすことができるのであれば、この助成金を活用し、5人必要な業務を4人や3人に減らしましょう。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

今回ご紹介する助成金は、『時間外労働等改善助成金の時間外労働上限設定コース』です。

時間外労働等改善助成金 時間外労働上限設定コース

助成内容

平成30年度から、助成内容が拡充されました!

  • 上限額を最大150万円までに引上げ
  • 更に、週休2日制とした場合に上限額を加算(助成金の合計は200万円まで)
  • 一定の要件を満たした場合に、助成率を 3/4 から 4/5に上乗せ
  • 建設の事業、自動車運転業務に係る事業等、限度基準告示の適用除外業種も申請対象に追加
  • 業務研修、人材確保等のための費用等、助成対象となる取組を追加

オススメ記事:卒業3年以内か中退者を雇うと助成金!?

活用事例

 

対象事業主

平成28年度又は平成29年度において「労働基準法第36条第1項の協定で定める労働時間の延長の限度等に関する基準」に規定する限度時間を超える内容の時間外・休日労働に関する協定を締結している事業場を有する中小企業事業主で、当該時間外労働及び休日労働を複数月行った労働者(単月に複数名行った場合も可)がいる事業主が対象となります。

中小企業の範囲は別途決められていますので、ホームページなどでご確認くださいね!

 

支給対象となる取り組み

  1. 労務管理担当者に対する研修(※2)
  2. 労働者に対する研修(※2)、周知・啓発
  3. 外部専門家によるコンサルティング
  4. 就業規則・労使協定等の作成・変更
  5. 人材確保に向けた取組
  6. 労務管理用ソフトウェア、労務管理用機器、デジタル式運行記録計の導入・更新(※3)
  7. テレワーク用通信機器の導入・更新(※3)
  8. 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新(※3)

(※2) 研修には、業務研修も含みます。
(※3)原則として、パソコン、タブレット、スマートフォンは対象となりません。

スポンサードリンク

上記の内容から確認ができていませんが、クラウド型の勤怠管理システムは対象外の可能性が高そうです。

 

利用の流れ

申請書の記載方法などは、申請マニュアルがありますので活用してくださいね!

交付申請書を事業実施計画書などの必要書類と共に、最寄りの労働局雇用環境・均等部(室)に提出します。

交付決定後に提出した計画に沿って取り組みを実施

労働局に支給申請します。

締め切りは2月15日までです。

成果目標

事業主が事業実施計画において指定した全ての事業場において、平成30年度又は平成31年度に有効な36協定の延長する労働時間数を短縮して、以下のいずれかの上限設定を行い、労働基準監督署へ届出を行うこと。

  1. 時間外労働時間数で月45時間以下かつ、年間360時間以下に設定
  2. 時間外労働時間数で月45時間を超え月60時間以下かつ、年間720時間以下に設定
  3. 時間外労働時間数で月60時間を超え、時間外労働時間数及び法定休日における労働時間数の合計で月80時間以下かつ、時間外労働時間数で年間720時間以下に設定

上記に加えて週休2日制を導入することで助成金の上限額200万円まで増やすこともできます。

オススメ記事:トライアル雇用助成金!一般トライアルコース

支給額

助成金の支給額については、以下のいずれか低い額が支給されます。

Ⅰ 1企業当たりの上限200万円
Ⅱ 上限設定の上限額及び休日加算額の合計額
Ⅲ 対象経費の合計額×補助率3/4(※4)

(※4) 常時使用する労働者数が30名以下かつ、支給対象の取組で⑥から⑧を実施する場合で、その 所要額が30万円を超える場合の補助率は4/5

オススメ記事:キャリアアップ助成金!正社員化コース!

まとめ

残業時間を減らすための助成金である時間外労働等改善助成金の時間外労働上限設定コースを紹介しました。この助成金を活用して、職場環境の改善と効率化を図っていきましょう。もし、助成金にお困りでしたらお近くの社会保険労務士までご相談ください。中には、助成金を扱っていない社労士もいると思いますが、助成金を扱っている社労士を紹介してくださると思います。当事務所でも、助成金の相談を受け付けております。ぜひ、無料診断をご利用くださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク