中小企業・小規模事業者における働き方改革実現に向けた対策を中小企業庁が、働き方改革の基本的な考え方と改革の必要性について、公開していますので、ご紹介します。働き方改革というのは、大企業だけが行えば良いというものではなく、中小企業・小規模事業者にこそ着実に実践することが必要という認識を示しています。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

 

中小企業・小規模事業者の「働き方改革」

働き方改革の基本的な考え方

「働き方改革」は、働く方々が、個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、自分で「選択」できるようにするための改革です。

 

我が国が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「働く方のニーズの多様化」などの課題に対応するためには、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが必要だと考えています。

 

働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現することで、成長と分配の好循環を構築し、働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指します。

オススメ記事:自社の働き方改革で注意することとは?

中小企業等における改革の必要性

「働き方改革」は、我が国雇用の7割を占める中小企業・小規模事業者において、着実に実施することが必要です。

 

職場環境の改善などの「魅力ある職場づくり」が人手不足解消につながることから、人手不足感が強い中小企業・小規模事業者においては、生産性向上に加え、「働き方改革」による魅力ある職場づくりが重要だと考えています。

 

取り組みに当たっては、「意識の共有がされやすい」など、中小企業・小規模事業者だからこその強みもあるからこそ、「魅力ある職場づくり」⇒「人事の確保」⇒「業績の向上」⇒「利益増」の好循環をつくるため、生産性向上や「魅力ある職場づくり」のためにきめ細かな支援を行っていきます。

オススメ記事:働き方改革で!雇用システムがこう変わる!?

中小企業・小規模事業者の意見を踏まえ、支援策を検討

事業者が抱える主な不安や問題点

  • 中小企業のみならず、取引先企業や消費者を含む様々な関係者に働き方改革の趣旨を理解して貰う必要がある。
  • 業務に繁閑がある中、残業規制の範囲内で業務を行えるか不安
  • 労働基準法等の労働関係例法令をそもそも知らない

対応策

スポンサードリンク

「働き方改革」の理解を図り、相談に応じ、支援を届ける体制の強化

(1)「働き方改革」の理解促進と相談支援体制の強化

(2)都道府県への支援


  • 人手不足、賃金高騰等で従業員を採用できない
  • 残業しないと人材育成の時間が確保できない
  • 貴重な技を持つ高齢者が退職してしまう

対応策

人手不足への対応の支援

(1)人材確保に向けたマッチング支援や雇用管理改善

(2)人材の育成・活用力の強化

(3)女性、高齢者等が働きやすい環境整備


  • 労働時間の管理をしていない
  • 「上司より後で帰宅」「長時間労働は美徳」等の慣行がある
  • 従業員が定着しない

対応策

雇用管理の見直し等の支援

(1)時間外労働の上限規制への対応など長時間労働の是正

(2)同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善

(3)産業医・産業保健機能強化


  • 発注企業側の残業規制や業務効率化のしわ寄せで受注企業等の生産性が悪化し、残業が増える
  • 国・自治体の発注納期が年度末に集中し、労働時間が長くなる

対応策

取引条件改善のための支援

(1)中小企業・小規模事業者における取引条件の改善


  • 効率の良い設備を導入する投資が困難

対応策

生産性向上のための支援

(1)中小企業・小規模事業者における賃金引き上げや生産性・経営力向上の支援

(2)事業継承支援


  • 業界ごとの慣習、特殊性がある

対応策

業種別の取組

(1)生産性向上・経営力強化の推進など業種ごとの取り組みの推進

(2)取引条件改善など業種ごとの取組の推進

オススメ記事:職場におけるパワーハラスメント対策とは?

まとめ

中小企業に向けた働き方改革実現の対策のご紹介でした。働き方改革は、大企業よりも中小企業・小規模事業者に着実に実施してもらうことが大事です。多くの企業が、働き方改革で個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を選択できるようになれば、少しでも人手不足を解消することができると思います。働き方改革は社会保険労務士の分野になりますので、働き方改革に関することでお困りでしたら、社会保険労務士に相談してみてください。必ず、お役に立てると思います。当事務所でも、ご相談は受け付けていますので、お問い合わせ頂ければお答えさせていただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク