派遣労働者を正社員として雇用するとキャリアアップ助成金が支給されます。有期雇用や無期雇用労働者以外にも、派遣労働者のキャリアアップを促進する観点から、派遣労働者を正規雇用労働者として直接雇用することを通じ、人材確保を図る意欲的な事業主に対して、キャリアアップ助成金による助成を国は行っています。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

キャリアアップ助成金について調べていましたら、ちょっと驚きました。

詳しい内容は、以下にありますが、金額が大きいなと思いましたね。

キャリアアップ助成金の正社員化コース

キャリアアップ助成金は、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、いわゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進するために、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度になります。

主な支給要件

  • 派遣労働者を正規雇用労働者または多様な正社員として直接雇用する制度を労働協約または就業規則その他これに準じるものに規定している事業主であること。
  • 派遣先の事業所その他派遣就業場所ごとの同一の組織単位において6か月以上の期間継続して労働者派遣を受け入れていた事業主であること(6か月以上の期間継続して派遣就業していた同一の派遣労働者を直接雇用した場合に限ります。)。
  • 直接雇用された労働者に対して直接雇用後6か月分の賃金を支給した事業主であること。

※ 上記以外にも支給要件がありますので、厚生労働省ホームページ等でご確認ください。

オススメ記事:自社の働き方改革で注意することとは?

留意事項

  • 助成金の受給には、事前にキャリアアップ計画の提出が必要です。
  • すでにキャリアアップ計画を提出している場合は、事前に計画変更届の提出が必要になる場合があります。
  • キャリアアップ助成金の詳細は、厚生労働省ホームページに掲載のパンフレット「キャリアアップ助成金」(平成30年4月1日現在の内容)をご参照ください。
  •  生産性の向上の判定方法については、厚生労働省ホームページをご参照ください。

 

助成金の支給額

派遣労働者を派遣先で正規雇用労働者(※)として直接雇用した場合

有期雇用 → 正規雇用:1人当たり 85.5万円<108万円>(71.25万円<90万円>)

無期雇用 → 正規雇用:1人当たり 57万円<72万円>(49.875万円<63万円>)

※正規雇用労働者には、「多様な正社員(勤務地・職務限定正社員、短時間正社員)」を含みます。

※勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定し、有期契約労働者等を当該雇用区分に転換または直接雇用した場合に助成額を加算します。

スポンサードリンク

オススメ記事:多様な正社員制度を導入するときの障害

受給の流れ

出典:キャリアアップ助成金パンフレット

 

キャリアアップ助成金を受給するためには、まず計画書の作成をし提出することが必要です。

 

その次に、就業規則の改定が必要であれば、就業規則の改定が必要になります。

 

正社員へ転換し、転換後の6ヶ月間の賃金が転換前と比較して5%以上増額していれば、2カ月以内に支給申請して受け取ることができます。

 

しかし、転換前も6ヶ月雇用している必要がありますので、注意が必要です。

 

助成金が受給できない方

① 支給申請した年度の前年度より前のいずれかの保険年度の労働保険料を納入していない事業主
② 支給申請日の前日から過去1年間に、労働関係法令の違反を行った事業主
③ 性風俗関連営業、接待を伴う飲食等営業又はこれらの営業の一部を受託する営業を行う事業主
④ 暴力団と関わりのある事業主
⑤ 暴力主義的破壊活動を行った又は行う恐れがある団体等に属している事業主
⑥ 支給申請日、または支給決定日の時点で倒産している事業主
⑦ 支給決定時に、雇用保険適用事業所の事業主でない※事業主
※ 原則、雇用保険被保険者数が0人の場合や、事業所が廃止されている場合等を指します。

オススメ記事:実は週4日勤務の正社員制度はできつつある

まとめ

キャリアップ助成金の正社員化コースについてご紹介しました。助成金というのは、あくまでも良い人材を正社員化する最後の背中を一押しする役目であって、助成金で利益を上げられるようなものではありません。経営の助けになるものであることは間違いないのですが、少し間違えるだけで1円ももらえないものです。助成金は、事前に計画を提出する必要がありますので、もし、助成金にお困りでしたらお近くの社会保険労務士までご相談ください。中には、助成金を扱っていない社労士もいると思いますが、助成金を扱っている社労士を紹介してくださると思います。当事務所でも、助成金の相談を受け付けております。ぜひ、無料診断をご利用くださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク