育児休業中の社員がいるですが、本人でしか対応できない業務が発生してしまいました。1日か2日だけなのですが、育児休業中に勤務した場合は、育児休業給付金はどうなりますか?支給されるのでしょうか?という質問がありました。育児休業中にその業務が、本人にしか対応できないということは十分あり得ることですよね!

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

お子さんが生まれて、育児をされる方には給付金はとても助かる制度ではないでしょうか。

どうしても業務に対応する必要があるときは、業務に対応して、結果、給付金が出ないなんてことになったら困ってしまいます。

答えですが、育児休業における各支給単位期間(1ヶ月)に就労した日数が10日以下であれば、育児休業給付金は支給されます。

育児休業給付金

育児休業中に臨時で出勤をした場合であっても、就労した日数が10日以内であれば、その支給単位期間について育児休業給付金の受給資格は失うことはありません。

 

支給単位期間というのは、育児休業開始日から起算して1ヶ月ごとに区切った期間になります。

 

また、就労した日数が10日を超える場合でも、就業していると認められる時間が80時間以下であることがタイムカードなどで確認できる場合も、受給資格を失うことはありません。

 

ただし、これは「臨時で出勤をした場合」に認められている者になりますので、もし、毎週月曜日に出勤するといったような常態として勤務をしている場合には、労働日数や時間にかかわらず育児休業とは認められない可能性があります。

 

育児休業と認められないくなると、育児休業給付金は支給されなくなりますので、注意する必要があります。

 

さらに、労働日数や時間数以外で支給単位期間に受ける賃金が、休業開始時の賃金額の80%未満でないと受給資格を満たしませんので、ここも注意する必要があります。

 

なお、社会保険料の免除に関しても、「一時的・臨時的に就労する場合」に限られています。

 

「恒常的・定期的に就労する場合」には育児休業を取得しているとは認められず、社会保険料の免除も受けられなくなります。

 

つまり、定期的に就労している場合には、育児休業給付金も支給されなくなり、社会保険料の支払いもしなければいけないことになりますので、育児休業期間中に就労する場合、就労を命じる場合には慎重に検討する必要があります。

オススメ記事:36(サブロク)協定をご存知ですか?

支給要件

育児休業給付金は、被保険者(短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者を除く)が、次の要件に該当した場合に、支給単位期間について支給されます。

スポンサードリンク

 

  1. 1歳(次の場合にあってはそれぞれに定める年齢)に満たない子を養育するための休業をしたこと
    1. 被保険者の養育する子について、当該被保険者の配偶者が当該子の1歳に達する日以前のいずれかの日において当該子を養育するための休業をしている場合・・・1歳2ヶ月
    2. その子が1歳(又は1歳6ヶ月)に達した日後の期間について休業することが雇用の継続のために特に必要と認められる場合に該当する場合・・・1歳6ヶ月(又は2歳)
  2. 休業を開始した日前2年間にみなし被保険者期間が通算して12ヶ月以上あること

 

支給単位期間

支給単位期間とは、休業をした期間を、休業開始日から1ヶ月ごとに区分した各期間(休業開始日又は各月の休業開始日に応当する日から、その翌月の休業開始日に応答する日の前日までの期間)のことになります。

 

つぎの1~3の要件を満たす必要があります。

  1. 初日から末日まで継続して被保険者の資格を有していること
  2. 公共職業安定所長が就業をしていると認める日数が10日以下であること又は公共職業安定所長が就業をしていると認める時間が80時間以下であること
  3. 賃金が支払われた場合は、その賃金の額が休業開始時賃金日額に支給日数を乗じて得た額の100分の80未満であること

オススメ記事:パートさんが1年契約で5年ですが大丈夫?

支給期間

被保険者がその1歳(一定の場合には、1歳2ヶ月または1歳6ヶ月もしくは2歳)に満たない子を養育する期間になります。

 

支給額

法本来の支給額は、

休業開始時賃金日額 × 支給日数 × 100分の40

 

暫定措置による支給額があり、現在はこちら

休業開始時賃金日額 × 支給日数 × 100分の50

オススメ記事:未払い残業代の時効が2年から5年に延長?!

まとめ

育児休業中で、育児休業給付金を受けている場合は、臨時で出勤をした場合に関しては給付金は支給されます。しかし、臨時で出勤をした場合ではないというときは、給付金は支給されず、社会保険料の免除も受けられなくなりますので、注意する必要があります。こうした労務、社会保険に関して困ったことがありましたら、お近くの社会保険労務士にご相談ください。当事務所でもご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク