正社員転換したときも試用期間は必要のか?という質問がありました。今回、初めて有期契約労働者を正社員として転換し、登用することにしました。当社の就業規則では、正社員で採用した者は、3ヶ月間の試用期間を設けているのですが、転換した場合も試用期間を適用して構わないのでしょうか?についての回答になります。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

これから有期契約労働者から正社員への転換や無期転換が増えてくると予想されますので、こうしたケースも増えてきそうですよね。

回答としては、基本的に試用期間の適用はないと考えるべきだということです。

正社員転換時に試用期間は必要か?

試用期間とは

試用期間というのは、新規に採用した者の能力や適格性を判断するための期間となります。

 

それらの判断において不適格とされた場合には、本採用を拒否することができるように定められていることが特徴になります。

オススメ記事:『褒めて育てる』にもルールがある!

既に雇用している従業員について

試用期間は法律に決まりのある制度ではありません。

 

一般的な慣例として認められてきたものですので、すでに雇用している従業員に対して適用してはいけないという決まりもありません。

 

もちろん、もともと試用期間が設けられていない従業員や、試用期間を終えた従業員に対して試用期間を適用することはできません。

 

今回の質問にある正社員転換のような「試用期間を適用する正当なきっかけ」がある場合のみ問題となります。

 

正社員登用と試用期間

正社員転換は厳密には新たな雇入れではありません。

 

労働契約の締結時点は入社時であり、その労働契約の内容が、有契約労働者から正社員に変わったと考えることが自然ですよね。

 

こうして考えると、正社員転換は採用ではないため、試用期間を適用する正当なきっかけというのがなく、試用期間は適用できないという結論となる可能性があります。

 

この考え方に対して、採用というのは、新たな雇入れだけを意味するものではないという考え方もできます。

 

特に正社員用の就業規則に定められている場合等は、「正社員という区分に当てはまるようになったこと」を採用としていると説明することができ、この説明も自然であるため、就業規則の規定を機械的に適用するならば、正社員転換した従業員に試用期間が適用されるという考えもあるということです。

オススメ記事:時間外労働の上限規制の導入などについて

スポンサードリンク

今回の質問の場合

以上のような形式的には、正社員転換した従業員にも試用期間の適用があるといえます。

 

しかし、正社員転換した従業員に対しては、能力や適格性の判定という試用期間の目的が当てはまりません。

 

なぜなら、正社員転換する場合には、すでに見極めて、正社員として勤務する能力と適格性があると判断されて、正社員に転換しているからです。

 

こうした従業員に対して、再度能力や適格性を判断する必要はありませんよね。

 

ということから、形式的に試用期間の適用があるとしても、実態を見ると試用期間を適用する根拠がありません。

 

そのため、試用期間を適用しないということが基本の方針となります。

 

その他

正社員転換した従業員に試用期間を適用しないのですが、例外というのも考えられます。

 

例えば、役員から従業員として正社員になった場合や正規の正社員登用手続きを経ずに正社員として働くようになった場合が考えられます。

 

役員としての能力があるとわかっているが、正社員として働くことができるかは別ですね。

 

また、後者は、何か特別な事情がある場合と考えられるので、ケースバイケースとして判断をしてくことが望ましいといえます。

 

ただし、個別事案ごとに判断していると、就業規則の運用に統一性がなくなるという弊害も出てしまいますので、最低限、正社員として採用した者には原則として試用期間を設ける。ただし、正社員登用試験を経て正社員となったもの、その他試用期間を設ける必要がない会社が認めたものに対しては試用期間を設けないという程度の基準は必要だと考えられます。

 

非正規社員を正社員にしていくことは、政府が推進している「働き方改革」の方向性にも合いますので、能力や適格性を判断するためにも、あらかじめ正社員登用の基準や条件等を可能な限り明確に設定し、運用することが大切です、

オススメ記事:健康確保措置が長時間労働に対して強化!?

まとめ

有期契約労働者が正社員に登用された場合に試用期間を適用してもよいのか?という質問ですが、回答としては、試用期間の適用はないと考える方がいいということになります。これから有期契約労働者が正社員もしくは無期雇用に転換されるケースが増えてくると思います。こうした場合に、対応するためにも社会保険労務士をご活用ください。当事務所でもご相談は受け付けております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク