代休と振替休日の違いを教えて欲しいということで、今回は、「代休と振替休日」の違いについてご紹介していきます。代休と振替休日の違いについてわかりますか?なんとなく分かると思いますが、どういう違いがあるか明確にまでは、なかなかご存知の方も少ないのかもしれません。これには、割増賃金の話が絡んできますよ。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

代休と振替休日の違いとは

代休

代休というのは、休日労働した日の代わりに、労働日に休む権利を与えるという制度になります。

 

法定休日が日曜日の場合、日曜日に労働してもらうとお休みがなくなってしまいますよね。

 

そこで、代わりに1日どこかで休みを取ってもらうというのが代休です。

 

この場合は、休日に労働したことになりますので、休日労働の給与を与えなければなりませんので、割増賃金の支払いが必要になります。

 

ただし、翌日の月曜日を代休として休んだとすると、その分を賃金から控除することができます。

 

このとき、代休を取得した日は、無給とするという定めがあることが必要です。

オススメ記事:職能給と職務給の違いご存知ですか?

振替休日

振替休日は、休日を振替えることをいいますので、休日と労働日をあらかじめ交換する制度を言います。

 

法定休日を日曜日としていたら、その日曜日と翌日の月曜日を入れ替えて、日曜日は労働日、月曜日は休日にするということです。

 

この場合は、日曜日は労働日となりますので、休日労働にはならず割増賃金の支払いは不要になります。

 

こうしたことから日曜日の賃金として135%を支払い、月曜日の賃金を100%控除することになりますので、この2日間を見ると35%部分のみが残ることになります。

 

この計算は、日曜日の労働時間と、月曜日の所定労働時間が同じということが前提となります。

 

日曜日の労働時間が所定労働時間よりも長い場合は、残る部分は35%よりも多くなります。

 

また、このような休日出勤と代休の足し引きが行えるのは、休日出勤した日が代休を取得した日が同じ賃金計算期間内にある場合だけということになります。

 

もし、休日労働をした翌月に代休を取得する場合、休日出勤した月は休日労働分を全て加算して支払わなければなりません。

 

その後、実際に代休を取った月に賃金を控除します。

 

月をまたいで考えれば結局は、同じ足し引きとなりますが、賃金の全額払いの原則上、こうした扱いをしなければなりません。

スポンサードリンク

オススメ記事:するべきことがわかっていない社員の育成法

その他の注意点

代休だと割り増し分は残りますので、代休というのは、割増賃金の抑制という目的ではなく、従業員の休みを確保するためということになります。

 

そのため、割増賃金の支払いを抑えるという目的のためには振替休日を利用することになります。

 

しかし、振替休日も無制限に認められるわけではなく、

  • 就業規則に休日を振替えるという規定があること
  • 事前に振替の対象となる休日と振替によって新たに休日となる日を指定すること
  • 振替えた後も、1週につき1日または4週につき4日の休日が確保されていること

 

以上のような条件を満たさなければ振替休日として認められません。

 

休日出勤は突発的な事態に対応するために行われることが多いため、常にこの条件を満たせるとは限りません。

 

仮に振替え休日の条件を満たしていないということになれば、割増賃金の不払いにもつながります。

 

また、実際の賃金の計算において、さまざまなパターンが発生します。

 

そのため、振替休日だから割増賃金は発生しないという取り扱いではなく、発生した休日出勤ごとに着実に計算する必要があるということです。

 

最近では、賃金の不払いに対して労働基準監督署は厳しく対応する傾向にありますので、誤らないように正しく計算することが求められています。

オススメ記事:日立製作所が勤務間インターバル制度導入!

まとめ

代休と振替休日の違いについて、代休は休日労働をした日の代わりに休日を取得してもらうのが代休になります。振替休日は、あらかじめ休日と労働日を入れ替えておくことを振替休日になります。あらかじめ休日を入れ替えるか、あらかじめ休日を決めないかで変わってきます。休日労働で代休の場合には、休日出勤扱いで、割増賃金が必要になりますが、振替休日の場合は、あらかじめ休日と労働日を入れ替えているので、休日の割増賃金に関しては必要ありません。こうした問題にお困りでしたら、お近くの社会保険労務士にご相談ください。当事務所でも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク