入社前研修の行き帰り中の事故で、内定した方に研修を行っており、研修は基本、自由参加で、卒論や旅行などがあれば優先しても良いとしています。交通費は支給しますが、日当は支払っていません。研修の帰りに事故にあったのですが、通勤災害に該当するのでしょうか?アルバイトの往復中の事故についても質問がありました。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

雨で災害に遭われた方に対して、心よりお見舞い申し上げます。

入社前研修の行き帰り中の事故について

ある会社で内定を出した学生に対して、入社前に研修を行っています。

 

研修は、基本、参加は自由で、卒論や卒業旅行などがあれば優先してもよいとしています。

 

参加者には交通費を支給しますが、日当は支払っておりません。

 

研修に参加した学生の中に研修帰りに事故に遭われた方がおり、親御様から通勤災害として労災保険の対象になるのではないかと問い合わせがありました。

 

この場合は、通勤災害に該当するでしょうか?

 

このケースは、通勤災害に該当しないと考えられます。

オススメ記事:50歳以上の有期を無期に転換で助成金!?

解説

労災保険の給付対象となる通勤災害であるかどうかについては、事故に遭われた方が労働者に該当することが前提となります。

 

労災保険の給付を受けることができる労働者とは、労働基準法の労働者と同一であるということにされております。

 

労働基準法の労働者であるかについては、次の主な要素を総合的に判断されます。

  1. 仕事の指示や業務命令に対して諾否の自由があるかどうか
  2. 業務を遂行する上での、指揮監督が行われていたかどうか
  3. 時間、場所の拘束があったかどうか
  4. 他の人物に代わることができたかどうか
  5. 報酬の算定方法や支払方法

 

今回のようなケースでは、参加した限りでは時間や場所の拘束はされ、他の人物が代わりに研修を受けることもできないと思われます。

 

しかし、そもそも研修が自由参加ということ、業務を行わせていないということ、賃金の支払いもないということから、労働者として通勤していたとは言えないと考えられます。

 

以上のことを今回事故に遭われた親御様に説明をし、納得ができないということでしたら、労働基準監督署にこの件の見解を仰ぐ方が良いと考えます。

オススメ記事:正社員転換したときも試用期間は必要?

スポンサードリンク

学校とアルバイト先の往復中の事故について

飲食店を経営している会社で、大学生のアルバイトを雇用しているのですが、その中に大学から直接、店舗に出勤したり、業務が終了したら大学に通っているようです。

 

大学と職場間で、もし、事故に遭ってしまった場合は、通勤災害として労災保険の対象になるのでしょうか?ということなのですが、このケースは、通勤災害として取扱われない可能性が高いです。

 

解説

労災保険が定義している通勤というのは、次の全てに該当する往復行為のことを指します。

 

  1. 住居と就業場所の間で行われること
  2. 就業に関して行われること
  3. 合理的な経路及び方法によって行われること
  4. 逸脱や中断が行われないこと
  5. 業務の性質を有していないこと

 

今回のケースで重要となるのは、1の住居と就業場所との間の往復行為かどうかということになります。

 

大学は、住居には該当しないので、大学と就業場所との間の移動中にもし、事故が起きたときは、労災保険の給付対象となる通勤災害としては認められないことになります。

 

学生のアルバイトスタッフには、この通勤災害の考え方を改めて説明して、いったん帰宅してから出勤するようにすること、業務の終了後は寄り道をせずに帰宅することを指導することが良いということになります。

オススメ記事:派遣労働者を直接雇用ってできますか?

まとめ

入社前の内定者を対象にした研修で、研修が自由参加で、まだ業務を行っていない場合、もし、行き帰りに事故に遭ったとしても通勤災害に該当しないと考えられます。入社前の内定者が労働者としての要素を満たしていないことが考えられるためです。学生アルバイトが、大学とアルバイト先を往復する場合は、大学は住居として認められないので、もし、事故に遭われた場合は、通勤災害として認められないと考えられます。通勤災害に全てが認められるわけではないので、各種条件が満たせているかどうかを確認しながら、労災の申請をしていただければと思います。労災の申請も社会保険労務士の仕事になります。お困りでしたら、お近くの社会保険労務士か当事務所までお気軽にご相談ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク