健康診断結果の管理と健康診断を受けない罰則について、健康診断結果を会社が管理していないという会社があり、健診結果を管理する必要があるか?という質問がありました。他には、健康診断を受診しない社員がおり、困っているから罰則を設けたいがどの程度の罰則を設けてよいのか教えて欲しい。という相談がありました。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

オススメ記事:障害をお持ちの方を初めて雇用すると助成金⁉

健診結果の管理について

健康診断を受けた結果を会社が管理していないということで、管理する必要があるか?ということなのですが、当然、定期健康診断の結果については、会社が管理する必要があります。

 

これは、労働安全衛生法第66条の3で、事業者は法定の健康診断結果を記録しておかなければならないとされているからです。

 

ほかには、労働安全衛生法の運用について定めた労働安全衛生法規則第51条によると、法定の健康診断に基づいて、健康診断個人票を作成し5年間保存しなければならいないとされています。

 

健康診断を受けさせるが、健康診断結果は従業員のみで、会社は管理しないという運用では、労働安全衛生法に違反となってしまい、労働基準監督署による是正勧告の対象なってしまいます。

 

健康診断結果は必ず会社で保管するようにしましょう。

 

ちなみに、労働安全衛生法による定期健康診断結果は個人情報にあたりますが、会社が取得することについて、改めて従業員の同意を得る必要はありません。

 

このことについて、せいふから『医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン』によると、次のように記載されています。

 

『医療機関等が、労働安全衛生法第66条により事業者が行う健康診断等を受託した場合、その結果である労働者等の個人データを委託元である当該事業者に対して提供することについて、本人の同意が得られていると考えられる。』

 

このガイドラインによると、会社から法定の健康診断の実施を委託した病院において、従業員がその健診を受信する時点で、従業員は、健康診断結果を会社に開示することに同意しているとされます。

 

定期健康診断結果の保管が会社の義務とされているのに、別の法律で個人情報保護法があるために保管義務が果たせなくなってしまうというのは、おかしな話なので、こうしたことを未然に防ぐためにこうした取り決めがされました。

 

ただ、法定の定期健康診断で義務付けられない診断項目については、この限りではないので、その部分については、やはり個人の同意が必要になります。

 

定期健康診断以上の内容となる人間ドックを実施する場合は、この点に留意する必要があります。

オススメ記事:従業員の有休が退職までに消化できない!

スポンサードリンク

健診を受診しない従業員への罰則

会社で健康診断を受診するようにしていますが、一部の社員が健康診断結果のコピーを提出してもらえず、これでは会社の管理責任を問われることになるので、従わない社員に罰則を設けたいがどの程度を設けたらよいのでしょうか?ということですが、これは、会社に従業員の健康診断を実施する義務があるので、従業員はこれを受診する義務があります。

 

受診を拒否するということであれば、懲戒処分を行うことが可能です。

 

もし、コピーを出さないだけなら、懲戒処分まで行うことはないと思いますが、受診を拒否するというのはそれだけ大事なことだということです。

 

定期健康診断の実施については、労働安全衛生法によって会社の義務として明確に定められています。

 

当然、受診させるだけではなく診断結果を把握し、健康診断個人票を作成して5年間会社は保管する義務もあります。

 

つまり、定期健康診断の受診及び結果の提出に係る命令は、業務命令ですので、これを拒否するのであれば、懲戒処分を行うことも相当であると考えられます。

 

懲戒処分の程度については、指示して拒否された回数などが関わってくるので絶対的な基準とは言えないのですが、まず、訓告・始末書提出といったところが妥当だと思われます。

 

その処分を受けてなお、受診・提出拒否するという強者は、就業規則に従って順に重い処分を行うことになります。

 

会社指定の医師による受診を拒否する場合は、従業員自身が選択した医師による健康診断を受け、診断結果を会社に提出しなけれならないとされています。

 

なお、行政によると定期健康診断に要する費用は原則、会社が負担することになっており、受診中の賃金は支払うことが望ましいとされています。

 

会社指定以外の医師の健康診断を受ける場合は、会社が費用を負担する必要はないとされてます。

 

もし、健康診断を受診しない従業員がいる、もしくは、健康診断結果を会社に提出しない従業員がいる状態を放置すると、会社の労働安全衛生法違反となってしまいますので、管理を徹底して、懲戒処分まで検討することが望ましいと思われます。

オススメ記事:従業員に頼まれて会社が保証人に⁉問題は?

まとめ

健康診断結果の管理については、会社に結果を保管する義務があります。保管していない場合は、安全衛生法違反となり、労働基準監督署から是正勧告を受けることになります。健康診断を受診しない社員がいる場合の罰則ですが、健康診断を受診することは義務なので、これは業務命令にあたります。業務命令に従わないことになりますので、就業規則の罰則に従い、訓告・始末書提出から最後は懲戒処分となります。これを放っておくと会社が労働安全衛生法違反となりますので、こうした社員を放置しないようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク