育児介護休業法の改正が行われ、平成29年10月1日に施行されました。その改正内容について、ご存知でしょうか?保育園に入れないというのは、報道にもありますのでご存知の方も多いと思います。今までは1歳までだった育児休業を保育所に入れない場合は、最長2歳まで再延長できることとするなどの改正が行われました。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

改正された内容

今までは、1歳6ヵ月まででしたが、保育園に入園できないということが問題になっていることから2歳まで、事業主に申し出ることで、育児休業期間を延長できるようになりました。

 

延長できるのにも条件があります。

  1. 当該申出に係る子について、当該労働者又はその配偶者が、当該この1歳6ヵ月到達日において育児休業をしている場合
  2. 当該この1歳6ヵ月到達日後の期間について休業することが雇用の継続のために特に必要と認められる場合(次のいずれかに該当する場合)
    • 保育所等における保育の利用を希望し、申込みを行っているが、当面その実施が行われない場合
    • 常態として当該子の養育を行っている配偶者であって1歳6ヵ月到達日後の期間について常態として当該子の養育を行う予定であったものが、一定の事由に該当した場合

 

オススメ記事:病気と仕事の両立について検討されていますか?

 

一定の事由というのは、

スポンサードリンク

  1. 死亡したこと
  2. 傷病等により子の養育が困難となったこと
  3. 婚姻の解消等により子と同居しなくなったこと
  4. 6週間(多胎妊娠の場合には14週間)以内に出産予定であるかまたは産後8週間を経過しないこと

この4つの理由に該当した場合のことを言います。

 

簡単に言いますと、

既に育児休業をしているけど、1歳半になった後も申込みは行っているけど、保育園に入園できそうにない場合は、事業主に申し出て2歳まで育児休業を延長することができるということですね。

 

他にも一定の事由に該当するなどの条件がありますが、多くの場合は、保育園に入園できないことに対しての対策かと思います。

 

オススメ記事:障がい者雇用促進法が改正されます

 

まとめ

育児介護休業法の改正が平成29年10月1日から施行されることになりました。改正としては、保育所に入れない場合は、再度、事業主に申し出ることで、最長2歳まで延長することができることですね。期間を定めて雇用される労働者も条件はありますが、育児休業を取得できるようになっています。しかし、現実的には、取得は難しいのかなと個人的には思います。ですが、子供を育てやすい社会を作っていかなくては、少子化を止めることはますます難しくなると思いますので、社会全体で育児のしやすい環境づくりをして、少子化を食い止めましょう!お近くの社会保険労務士が必ずお力になれると思います!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク