ある会社の従業員が会社に無届で、自転車通勤をしていました。もし、事故があった場合は、労災保険の通勤災害としては、対象外になるのでしょうか?会社としては、自転車通勤を禁止するつもりはないのですが、何か従業員に注意しておくことはあるのでしょうか?従業員が、無届で通勤するというのは、ありそうですよね。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

 

会社に無許可で通勤を自転車にて行っていた場合、この場合は労災から通勤災害として認められるのでしょうか?

 

無許可なので、認めらないかもって思いますが、通勤は必ずしなければ職場に行くことができませんよね。

 

答えは、本文でどうぞ。

オススメ記事:就業規則によっては祝日が増えると・・・

自転車通勤と通勤災害

従業員が会社に無断で自転車通勤をしているのですが、事故があった場合は労災保険の通勤災害の対象となるのでしょうか?

 

会社に無断であっても、客観的に見て合理的な方法と経路での通勤途上の自己であれば通勤災害の対象とされます。

 

しかし、合理的と認められる範囲について、従業員に周知しておくことが望ましいです。

 

通勤災害として認められ労災保険の給付が行わられる主な4つの条件を確認します。

  1. 就業に関していること
  2. 業務上でないこと
  3. 合理的な経路と方法であること
  4. 住居と就業場所の往復であること

 

今回の従業員が自転車通勤をしていることが、上記の3に該当するかどうかという点が気になるところになりますが、通勤の方法は、公共交通機関、自動車、徒歩など、人によって通勤の仕方は様々です。

 

通勤災害として認められる条件は、会社に届出ている経路及び方法であることに限定されておらず、常識的な通勤途上であればよいことになっています。

 

最近では、健康やエコを目的にかなりの距離を自転車で通勤される人も増えています。

 

行政からは具体的な通達が出されているということはありませんが、あえて公共交通機関を使用せず何時間もかけて自転車通勤をしているというのは、合理的とは判断されないことが考えられるので、注意してくださいね。

 

また、上記の4についても注意が必要で、『住居と就業場所の往復であること』とありますが、つまりは、『寄り道をしないこと』ということです。

 

しかし、通勤途上で子どもを保育園などで送迎したり、コンビニやスーパーで日用品を購入したり、他にも通院や食事、知人との会合、映画鑑賞、フィットネスクラブ、トレーニングなど、業務時間外なのでこうした行動も人それぞれによると思います。

スポンサードリンク

オススメ記事:民法の基本契約とはどういう契約ですか?

この寄り道の内容によって、上記の3や4に該当しなくなり、通勤災害の対象外となることがあります。

 

寄り道の用事がおおよそ2時間以上の就業と帰宅との直接関連性を失わせるほど長時間となるような場合を除き就業との関連性が認め有れます。

 

通勤中に寄り道をして、その寄り道中に怪我をした場合に通勤災害として認めらるものは、

  1. 通勤経路近くの公衆トイレを使用する
  2. 通勤経路近くにある公園で短い時間休息する
  3. 通勤経路上のみで、タバコや雑誌等を購入したり、短い時間お茶やビールなどを飲む場合

 

上記3つ以外にもありますが、こうした行動は『ささいな行為』として、通勤災害として認められます。

 

通勤として元の道に戻れば認められますが、その用事中にケガをした場合、通勤災害として認められない行為が『日常生活上必要な行為』があります。

 

日常生活上必要な行為とは、

  1. 日用品の購入その他これに準ずる行為
    総菜等の購入、独身労働者の食堂での食事、クリーニング店、書店、理髪店・美容院への立ち寄り
  2. 公共職業能力開発施設において行われる職業訓練、学校教育法に規程する学校において行われる教育その他これらに準ずる教育訓練であって職業能力の開発向上に資するものを受ける行為
  3. 選挙権の行使その他これに準ずる行為
  4. 病院又は診療所において診察又は治療を受けることその他これに準ずる行為
  5. 要介護状態にある配偶者、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹並びに配偶者の父母の介護(継続的にまたは反復して行われるものに限る)

 

自転車通勤をする従業員には、不要な寄り道は極力避けて安全運転を心掛けるように日ごろから会社からメッセージを送るようにしましょう。

オススメ記事:取引先の忘年会に参加!残業代は必要なのか?

まとめ

従業員が会社に無届で自転車による通勤を行っていたとしても、客観的に見たときにこの通勤が合理的な経路及び方法と判断されるという場合、通勤災害の対象として認められると思われます。もし、合理的な経路及び方法が、公共交通機関を利用することで、何時間もかけて自転車で通勤しているような場合は、通勤災害として認められない可能性があります。このような問題に対処するために社会保険労務士がありますので、お困りでしたら、お近くの社会保険労務士か当事務所までお問い合わせください。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク