下請法にある親事業者の4つの義務と11の禁止事項をご紹介します。前回から社労士の範囲ではない下請法について、ご紹介をさせて頂いております。親事業者の義務と禁止事項を決めることで、立場が弱い下請事業者を保護することが目的で、違反した場合は、公正取引委員会から指導・勧告を受け、最終的には罰則を受けます。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

親事業者の4つの義務

ここでは、親事業者の4つの義務についてご紹介をしていきます。

  1. 書面の交付義務
  2. 支払期日を定める義務
  3. 遅延利息の支払義務
  4. 書類の作成・保存義務

 

オススメ記事:病気と仕事の両立について検討されていますか?

 

1.書面の交付義務

親事業者は、発注の際には、発注内容を明記した書面を交付しなければならない。

必ず発注書に記載しなければいけない事項があります。

必要記載事項といいます。

  1. 親事業者及び下請事業者の名称(番号、記号等による記載も可)
  2. 製造委託、修理委託、情報成果物作成委託又は役務提供委託をした日
  3. 下請事業者の給付の内容
  4. 下請事業者の給付を受領する期日(役務提供委託の場合は、役務が提供される期日又は期間)
  5. 下請事業者の給付を受領する場所
  6. 下請代金の額(算定方法による記載も可)
  7. 下請代金の支払期日

上記以外にも該当する場合は、必要な項目があります。

 

オススメ記事:職能給と職務給の違いご存知ですか?

 

2.支払期日を定める義務

支払期日を定める義務は、親事業者は、検査をするかどうかを問わず、発注した物品等を受領した日から起算して60日以内のできる限り短い期間内で、下請代金の支払期日を定めなければなりません。

  • 支払期日を定めなかった場合は、物品等を実際に受領した日
  • 定めた支払期日が60日を超えている場合は、受領した日から起算して60日を経過した日の前日

上記が支払期日とみなされます。

 

オススメ記事:育児・介護休業法が改正されました

 

3.遅延利息の支払義務

遅延利息の支払義務は、親事業者は、支払期日までに下請代金を支払わなかった場合、発注した物品等を受領した日から起算して60日を経過した日から実際に支払いが行われる日までの期間、その日数に応じ下請事業者に対して遅延利息(年率14.6%)を支払わなければなりません。

スポンサードリンク

 

4.書類の作成・保存義務

書類の作成・保存義務について、親事業者は、給付内容、下請代金の額など、下請取引に関する記録を書類として作成し、2年間保存する義務があります。

 

オススメ記事:障がい者雇用促進法が改正されます

 

親事業者の11の禁止事項

ここでは、親事業者の11の禁止事項をご紹介します。

  1. 受領拒否の禁止
  2. 下請代金の支払遅延の禁止
  3. 下請代金の減額の禁止
  4. 不当な返品の禁止
  5. 買いたたきの禁止
  6. 購入・利用強制の禁止
  7. 報復措置の禁止
  8. 有償支給原材料等の対価の早期決済の禁止
  9. 割引困難な手形の交付の禁止
  10. 不当な経済上の利益の提供要請の禁止
  11. 不当な給付内容の変更・やり直しの禁止

これら11の禁止事項を下請法で下請事業者の利益を保護するために、親事業者に対して禁止しています。

 

調査の流れ・行政指導の内容

公正取引委員会が調査する流れとしては、書面調査を中心に行っていますが、中には下請事業者からの申告、親事業者からの自発的申出などもあります。

 

こうした申告や申出は、全国で年間でもそんなに件数は多くありません。

 

親事業者、下請事業者に書面を送付して、回答してもらった結果から調査・検査し、勧告・指導を行っていきます。

 

勧告を受けた親事業者は、社名を公表されます。

 

オススメ記事:なぜ週4日の正社員制度が必要なのか?

 

罰則

罰則は、最高50万円の罰金が科せられます。

 

まとめ

親事業者の4つの義務と11の禁止事項をご紹介しましたが、よくありそうなのが、口頭による発注が気づかないうちにしてしまいそうですね!書面の交付義務がありますので、発注する際は、口頭ではなく必ず書面にて行うように気を付けましょう。親事業者と下請事業者の資本金がお互いに1千万円以下の場合は、この下請法は該当せず適用されません。その場合は、中小企業庁の下請かけこみ寺というのがありますので、そこで対応することになるそうです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク