ある会社がアルバイトを含めて従業員が10名になります。近々、親会社から従業員が出向してくるので、事業場の従業員数が10名が確実になので、就業規則を労働基準監督署への届出が必要になるのでしょうか?就業規則自体は、グループ内で共通のものを使用しているのですが、義務がなかったので届出していませんでした。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

オススメ記事:取引先の忘年会に参加!残業代は必要なのか?

就業規則の届出義務

ある会社がアルバイトを含めて従業員が10名になります。

 

近々、親会社から従業員が出向してくるので、事業場の従業員数が10名が確実になので、就業規則を労働基準監督署への届出が必要になるのでしょうか?

 

就業規則自体は、グループ内で共通のものを使用しているのですが、義務がなかったので届出していませんでした。

 

ということで、事業場の従業員数が10名以上になることで、就業規則の作成と届け出義務が発生します。

 

従業員数が10名になられたら就業規則を労働基準監督署へ届出てください。

 

法律で、常時使用する労働者が10名を超えた事業場に就業規則の作成と届け出義務が発生します。

 

常時使用する労働者の中には、アルバイトやパートタイマーのほかに、出向してきている社員も当然に含めることになります。

 

元の会社での籍を失って出向してくるいわゆる移籍出向の場合はもちろんで、籍を残したままの在籍出向の場合であっても、常時使用する労働者には変わりはなく当然に含まれることになります。

 

なお、就業規則を届出る際に意見を聴取したり、労使協定を締結する従業員の過半数代表にも、管理監督者でない限りは出向社員が選出されても問題はありません。

オススメ記事:無届!?自転車通勤で事故!労災の対象?

就業規則とは

そもそも就業規則というのは、どうして必要なのでしょうか?

 

就業規則というのは、会社が従業員に向けて示す、会社内での決まりごと、ルールになります。

 

代表取締役が判断しなくても、就業規則に書いてある通りに運用することができるようにするものになります。

スポンサードリンク

 

就業規則には必ず記載する事項があり、始業時刻と終業時刻、休憩時間、休日や賃金、退職に関する事項となっています。

 

そのほかに、退職手当や最低賃金などについては会社で定める場合に必要となります。

 

私個人としては、退職手当に関する規程は、その時の経済状況にもよるので、あらかじめ退職金をお約束するのはどうなのかな?と考えてしまいます。

 

就業規則を作成した場合は、ただ会社に保管するというだけでなく、従業員の過半数もしくは組合の過半数の意見書を添付した上で、管轄の労働基準監督署に届け出なければなりません。

 

この意見書の代表者は、管理監督者はなることができません。

 

必ず労働者の中から選挙によって決めるようにしましょう。

 

経営者からの指名では、代表者になることができません。

 

届出後も、就業規則を事業所内の見やすい位置への備えつけなどによって、従業員にその内容を周知することが必要です。

 

周知する方法としては、従業員が見やすいところに備え付けておくことが良いと思います。

 

なお、就業規則の作成は、会社ごとではなく、事業所単位だという点にも注意する必要があります。

オススメ記事:アルコールハラスメント!?どういうこと?

まとめ

就業規則の届出は、アルバイト、パートを含めて、常時使用する労働者が10名以上となった事業場は必ず労働基準監督署へ届け出なければいけないことになっています。就業規則には必ず記載する事項があり、始業時刻と終業時刻、休憩時間、休日や賃金、退職に関する事項が必要です。就業規則は、会社のルールで就業規則がしっかりしているところは、会社としてもしっかりしていることになります。就業規則にお困りでしたら、お近くの社会保険労務士か当事務所までお気軽にご相談ください。当事務所は就業規則を重点的に取り扱っています。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク