多様な正社員制度というのは、経営者が従業員に対して、働きやすくするための施策ですよね。優秀な人材を社外に流出させない、長く自社で働いてくれるようにするための施策でもあるのですが、中には働きやすいことを間違って解釈する方もいませんか?間違った解釈をさせないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

多様な正社員が働きがいを認識するには?

働き方改革として、多様な正社員制度や同一労働同一賃金などが進められていることは、ご存知だと思います。

 

少子高齢社会に入り、誰にでも、育児や介護、病気といった問題が起こることが考えられます。

 

こうした問題に対応するために経営者が従業員に対して、働きやすくするために多様な正社員制度を導入したとき、この働きやすさを自分の勝手な解釈で、「自分勝手な働き方が許容される」ということを考える方出てくる可能性があります。

 

今までの会社から一方的に命じられる画一的な働き方が、柔軟な働き方に変化することは、私としては、歓迎すべきことなのですが、自分のわがままを職場に聞いてもらえると勘違いする人が出てきてしまっては、せっかく従業員のためと思って経営者が制度を導入しても企業は成長していくことができなくなってしまいます。

オススメ記事:無期転換についてご存知ですか?

そこで、考えなければいけないことが『働きがい』です。

 

社員の働きやすさだけでなく、働きがいについても重視することも忘れてはいけないと思います。

 

日経ビジネス誌が毎年2月に「働きがいのある会社ランキング」という調査結果を発表しています。

 

これは企業アンケートに基づいたランキング指標で、この調査では、働きがいというのをこう定義しています。

スポンサードリンク

 

従業員が勤務する会社や経営者・管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感が持てる場所

オススメ記事:なぜ週4日の正社員制度が必要なのか?

この定義から3つのキーワードが働きがいには必要だとわかります。

  1. 信頼
  2. 誇り
  3. 連帯感

人事担当者や経営者が従業員に対して、多様な正社員制度を提供するときは、「働きがい」も明確にすることで、社員が共通のゴールを目指せるようにすることが必要です。

 

多様な働き方を作ることは、多様な価値観を持った社員が働くということです。

 

共通の価値観がなければ、働きやすい職場は、自分勝手な解釈をした個人の集まりになってしまいます。

 

多様な正社員制度は、働きがいを含めて、検討していただければ、更なる企業発展に役立つと思います。

オススメ記事:ダラダラ残業した方がお得になっていませんか?

まとめ

働き方改革として、多様な正社員制度が注目をされていますが、制度を導入すれば、全てうまくいくというわけではありません。労使の信頼関係や仕事の誇り、職場の連帯感など、働きがいがなければ、制度を勝手な解釈をする従業員は必ず出てきます。働きがいを共通の価値観、目標ゴールを設定することで、多様な正社員制度を導入することで、企業成長に役立つと考えています。多様な正社員制度を導入したいという経営者様、ご担当者の方は、ぜひ、お近くの社会保険労務士にご相談頂けばと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク