社内で従業員同士が不倫をしていることがわかりました。男性従業員は既婚者で、噂が広まって社内の雰囲気がとても悪くなってしまいました。そこで、男性従業員は地方に転勤してもらい、女性従業員には辞めてもらいたいと思っています。というお話を聞きました。このお話を聞いたときに考えたことをご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

オススメ記事:海外出張中に土日が!?賃金って必要?

従業員同士で不倫をした場合

従業員同士が不倫をしてしまった場合ですが、不倫関係であったとしても、あくまでも従業員のプライベートの問題です。

 

しかし、そうはいっても、そのような関係が社内で発覚した際には、「職場秩序」保持、確保のために、実害が発生していなくても、なにかしらの措置を講じる必要があると思われます。

 

転勤といった配置転換については、会社の包括的な人事権の行使に伴う裁量の範囲と考えることも可能なのですが、不倫を理由とした懲罰的な配置転換というのは、あまりお勧めできないのです。

 

また、今回の不倫をされた女性従業員については「辞めてもらう」ということは、すなわち解雇ということなのですが、それをすることも難しいと思います。

オススメ記事:従業員に休業命令!休業手当は6割?全額?

この点、過去の判例からは「『職場の風紀・秩序を乱した』とは、会社の企業運営に具体的な影響を与えるものに限ると解すべき」とし、それぞれの地位、職務内容、交際の態様、会社の規模、業績等に照らして、両者の交際が会社の職務上の風紀・秩序を乱し、それら行為が「企業の円滑な運営に支障を来すおそれがあるなど企業秩序に関係を有するものである」と客観的に認められ、「企業の円滑な運営上必要かつ合理的なもの」であれば、「会社は、企業秩序の維持確保のために、そのような行為をも規制の対象とすることも許される」と判示しています。

(平成元12.27. 旭川地裁判決繁機工設備事件、同様判旨・平成14.2.26東京地判日経クイック情報事件)

 

過去の判例から「企業運営に具体的な支障」の程度が、ごくごく道徳・倫理的なあるべき期待にとどまる程度であるのであれば「辞めてもらう」すなわち解雇を実行することは難しいと思われます。

 

よって、企業の運営や業務遂行に具体的な支障を与える場合に限って、何らかの制裁対象になると考えられます。

スポンサードリンク

 

判例によっては、懲戒解雇でなく、適格性に欠けるということで、普通解雇として、職務の特殊性を重視して、これを有効とした例も過去にはあります。(日航機長解雇事件(昭61.2.26東京地裁判決))

オススメ記事:従業員の不手際で損害!?控除できるの?

まとめ

もし従業員同士で不倫をしたことが発覚しても、企業運営に具体的な支障が出ていなければ、解雇することは難しいだろうと考えられます。不倫ということだけを理由に配置転換することもお勧めすることはできません。過去の裁判の判例から懲戒解雇ではなく、普通解雇を行うことはできるようですが、なかなか難しいのが現実のようです。不倫を長期間するとうわさが広まってしまうことで職場の雰囲気が悪くなることがあるので、不倫はしないようにしましょう。それよりも不倫をしないことが一番いいに決まっていますよね!不倫はやめましょう。

 

今日の一言

今日も絶好調!

 

人生生きていたら嫌なことや辛いことはありますよね!

 

人によって大なり小なり、いろんな苦難が人にはあります。

 

悩んで、夜も眠ることができないこともあるでしょう。

 

しかし、そんな時には、考えたり、思い出したりせずに寝てしまうことが一番だと思っています。

 

寝る前に5分、10分考えて答えが出なければ、寝て自分の潜在意識に、解決策を探るのがたぶん一番早い方法だと思います。

 

でも、潜在意識は日ごろのことばによって、感情を増幅する働きがあります。

 

嫌なことや辛いことを夜に考えていると、その感情はさらに増幅されてしまい良い気分で休むことができません。

 

しかし、日が変わったり、明るい太陽の下で考えると、嫌なことや辛いことは大したことではなかったことに気づいたり、忘れてしまうこともあると思います。

 

嫌なことや辛いことがあったときは、寝てしまって、大したことなかったとしてしまいましょう!

 

目が覚めたときに嫌なことや辛いことが軽減されているはずです。

 

嫌なことは明日!明日!といって、休んでしまいましょう!

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク