会社に無届で従業員が自転車通勤をしています。もし、事故があった場合、労災の通勤災害の対象になるのでしょうか?ということで、自動車で通勤していた従業員が自転車に切り替えることは良くあることです。会社への届出は必要ではありますが、届出をしていなくても労災では、条件が整えば通勤災害の対象になります。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

オススメ記事:株主も高齢化!?株式が相続人に分散!?

無断で自転車通勤の通勤災害

会社に届出なく自転車通勤をしている従業員がおり、もし、事故があった場合、労災保険の対象外になるのでしょうか?

 

会社に無断で、自動車通勤や電車での通勤だった従業員が自転車通勤に切り替えたとしても一般的に見て合理的な方法・経路での通勤途上の事故であれば通勤災害の対象となり、合理的と認められる範囲については、従業員に周知しておくことが望ましいと思われます。

 

通勤災害として労災保険の給付が行なわれる4つの条件が以下になります。

  1. 就業に関していること
  2. 業務上でないこと
  3. 合理的な経路と方法であること
  4. 住居と就業場所の往復であること

 

従業員の自転車通勤が、上記の3に該当するかどうかという点が問題になりますが、通勤の方法は、公共交通機関、マイカー、徒歩など人によって違うのは当然ですよね。

 

通勤災害として認められる条件としては、会社に届け出ている経路・方法であることに限定されていませんので、常識的な通勤途上であればよいことになります。

 

ただ、最近では健康やエコを目的にけっこう長い距離を自転車で通勤される人も増えてきているようです。

 

行政から具体的な通達は出ていませんが、あえて公共交通機関を使用せず何時間もかけて自転車通勤をしている従業員がいましたら、それは合理的ではないと判断される可能性もあります。

オススメ記事:従業員が居眠り!?どう対処したらいい?

また、上記の4の「住居と就業場所の往復であること」とありますが、これは、つまり「寄り道をしないこと」ということで注意する必要があります。

 

しかし、通勤途上で子どもを保育園等に送迎したり、コンビニやスーパーで日用品を購入したり、他にも通院、食事、知人との会合、映画鑑賞やフィットネスクラブなど、業務時間外なので、色々なところに寄り道することも、また人それぞれすることだと思います。

 

この寄り道の内容によって、上記の3や4に該当しなくなり、通勤災害の対象外となることがあります。

スポンサードリンク

 

自転車通勤をする従業員には、「不要な寄り道は極力避けること」「安全運転を心掛けること」を順守するように会社からは伝えるようにしましょう。

オススメ記事:有給休暇を計画的付与!権利のない者は?

まとめ

会社に無断で自転車通勤に切り替えたとしても、合理的な経路・方法であれば、通勤災害として保険給付を受けることができます。注意することは、寄り道をしないことです。寄り道をするとそのあとの行動が保険の対象外となるケースがありますので、ご注意ください。

 

今日の一言

今日も絶好調!

 

毎日、いろんな学びがあり感謝しています。(^^♪

 

今日は、働くということについてですが、

 

働くと会社から給料をもらうことだと思う方も多いことでしょう。

 

もちろん、働いたらその代償としてお金をもらうことは当然です。

 

ですが、それだけでは成長という面からは物足りない、そんな気がします。

 

こんな話があります。

 

半日村と呼ばれる村の話です。

 

この村には東に山があり、村に日陰を作るのです。

 

だから、半日村というのですが、その村に一平という少年がいて、親から山がなかったらと嘆いているのを聞いて、一平は翌日、袋をもって山に登り、山のてっぺんから麓の湖に捨てることを始めました。

 

その一平を見た村の子供たちは、馬鹿にします。

 

しかし、毎日続ける一平を見て、真似をする者が現れて、最後には村中の子供が手伝います。

 

すると、笑っていた大人も手伝うようになり、最後には大人たちも手伝います。

 

月日が経ち、一平が大人になることには、山は半分ほどになり、日当たりの良い村「一日村」と呼ばれるようになったというお話です。

 

働くのですから誰かのお役に立つこと、一生懸命することという『仕事』から『志事』ということができれば、もっといいのではないかと思いますよね。

 

高い志を持って、小さなことを積み重ねていく。

 

私は、すぐに何でもできる器用な人間ではないものですから、小さなことを積み重ねていくことでしか前に進むことができません。

 

このお話の一平のように高い志をもって、小さなことを積み重ねて、人の心を動かし、大きな事を達成できるようになりたいと思います。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク