労働時間(残業代支払)に関する法的問題点について、労働基準法上の労働時間の意義「労働時間とは何か」。指揮命令下説では、労働者が使用者の明示又は黙示の指揮命令ないし指揮監督の下に置かれている時間をいうとされています。詳しくは、労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドラインを参照。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

労働時間(残業代支払)に関する法的問題点

『労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン』から

労働時間とされるもの

  1. 使用者の指示により、就業を命じられた業務に必要な準備行為(着用を義務付けられた所定の服装への着替え等)や業務終了後の業務に関連した後始末(清掃等)を事業場内において行った時間
  2. 使用者の指示があった場合には即時に業務に従事することを求められており、労働から離れることが保障されていない状態で待機している時間(いわゆる「手待ち時間」)
  3. 参加することが業務上義務付けられている研修・教育訓練の受講や、使用者の指示により業務に必要な学習等を行っていた時間

オススメ記事:社員同士で喧嘩!?労災給付は受けられる?

三菱重工長崎造船所事件

最高裁平成12年3月9日判決

 

判旨

「労働基準法32条の労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間をいい、右の労働時間に該当するか否かは、労働者の行為が使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができるか否かにより客観的に定まるものであって、労働契約、就業規則、労働協約等の定めのいかんにより決定されるべきものではない。

 

労働者が、就業を命じられた業務の準備行為等を事業所内において行うことを使用者から義務付けられ、又はこれを余儀なくされたときは、当該行為を所定労働時間外において行うものとされている場合であっても、当該行為は、特段の事情のない限り、使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができ、当該行為に要した時間は、それが社会通念上必要と認められるものである限り、労働基準法上の労働時間に該当すると解される。」

オススメ記事:減給できる最大額とは?これ以上は無理?

(入退場門から事業所内)までの各移動は、使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができないから、労働者が各移動に要した時間は、いずれも労働基準法上の労働時間に該当しない。

スポンサードリンク

 

(更衣所で作業服・保護具等を装着して準備体操場までの移動時間)労働者は、使用者から実作業にあたり、作業服及び保護具等の装着を義務付けられ、また、右装着を事業所内の所定の更衣所等において行うものとされていたというのであるから、右装着及び行為初頭から準備体操場までの移動は、使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができる。

 

(材料庫からの資材等の受け出し、粉じん防止のための散水時間)労働時間である。

 

(午前の終業時刻後食堂までの移動、食堂から作業場に戻る時間及び作業服・保護具等の着脱時間)使用者は、休憩時間中、労働者を就業を命じた業務から解放して社会通念上休憩時間を自由に利用できる状態に置けば足りるものと解されるから、作業服及び保護具の一部着脱に要する時間は特段の事情のない限り、労働時間に該当しない。

 

(午後の終業後更衣所に移動して作業服・保護具等を脱離する時間)使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができ、作業服等着脱に要する時間は、それが社会通念上必要と認められる限り、労働時間に該当する。

 

(洗身・入浴時間)労働者は、使用者から、実作業の終了後に事務所内の施設において洗身等を行うことを義務付けられておらず、特に洗身等をしなければ通勤が著しく困難であるとまではいえなかったというのであるから、使用者の指揮命令下に置かれたものと評価することができず、洗身等に要した時間は、これに引き続いてされた通勤服の着用を含めて労働時間に該当しない。

オススメ記事:就業規則と雇用契約書が違う?適用の仕方は?

まとめ

労働時間(残業代支払)に関する法的問題点について、判例も交えてご紹介をしました。判例の中で、労働時間に該当する時間と該当しない時間の判断がされていますので、職場で同じ状況がある場合はこの判例を基準に判断すれば間違いないと思います。より正確に判断をしたいという場合は、社会保険労務士に判断をお願いするといいと思います。お近くの社会保険労務士か当事務所までご相談頂ければと思います。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク