仕事と家庭の両立を支援する助成金を紹介します。育児や介護と仕事を両立することが必要になってきています。仕事と家庭の両立は、介護離職を予防するために重要だと私は考えます。企業が職場風土作りに取り組めるように助成金が用意されているので、活用していただき、仕事と家庭の両立ができる社会になればと思います。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

両立支援等助成金

出生時両立支援コース

どんな助成金か?

男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りに取り組み、かつ、男性労働者にこの出生後8週間以内に開始する育児休業を取得させた事業主及び育児目的休暇を導入し男性労働者に利用させた事業主に対して助成。

 

いくら助成されるのか?

  1. 男性労働者の育児休業
    [1人目の育休取得]57万円<72万円>(中小企業以外28.5万円<36万円>)
    ※<>内は生産性要件を満たしていた場合
    [2人目以降10人目まで]
    a 5日以上14日未満  14.25万円<18万円>
    b 14日以上1ヶ月未満 23.75万円<30万円>
    c 1ヶ月以上      33.25万円<42万円>
    (中小企業以外)
    a 14日以上1ヶ月未満  14.25万円(18万円)
    b 1ヶ月以上2ヶ月未満  23.75万円(30万円)
    c 2ヶ月以上       33.75万円
    ※1企業あたり1年度10人まで支給
  2. 育児目的休暇
    28.5万円<36万円>(中小企業以外14.25万円<18万円>)
    ※1企業1回まで支給

オススメ記事:取引先が信用できない!?支払わせる方法は?

介護離職防止支援コース

どんな助成金か?

「介護離職を予防するための両立支援対応モデル」に基づき職場環境整備に取り組み、介護に直面する労働者が介護休業を取得した、又は介護のための勤務制限制度を利用した事業主に対して助成。

 

いくら助成されるのか?

介護休業の取得・復帰

57万円<72万円>(中小企業以外38万円<48万円>)

 

介護のための勤務制限制度の利用

28.5万円<36万円>(中小企業以外19万円<24万円>)

※それぞれ、1企業あたり無期雇用者1人、有期雇用労働者1人の計2人まで支給

 

育児休業等支援コース

どんな助成金か?

育休復帰支援プランを作成し、プランに基づき、労働者の円滑な育児休業取得、職場復帰に取り組んだ中小企業事業主に対して助成。

 

育児休業取得者の代替要員を確保するとともに、育児休業取得者を原職復帰させた中小企業事業主に対して助成。

 

育児休業から復帰後の労働者を支援するため、この看護休暇制度や保育サービス費用補助制度を導入し、労働者に利用させた中小企業事業主に対して助成して助成。

スポンサードリンク

 

いくら助成されるのか?

  1. 育休取得時 28.5万円<36万円>
  2. 職場復帰時 28.5万円<36万円>
    ※業務代替労働者への職場支援等の取組みをした場合 19万円<24万円>加算
    ※1企業あたり無期雇用者1人、有期雇用労働者1人の計2人まで支給
  3. 代替要員確保時 47.5万円<60万円>
    ※育児休業取得者が有期雇用労働者の場合 9.5万円<12万円>加算
    ※1企業あたり1年度10人まで5年間支給
  4. 職場復帰後支援
    [子の看護休暇制度]
    ・制度導入時 28.5万円<36万円>
    ・制度利用時 取得した休暇時間に1,000円<1,200円>を乗じた額
    [保育サービス費用補助制度]
    ・制度導入時 28.5万円<36万円>
    ・制度利用時 事業主が負担した費用の3分の2の額
    ※制度導入時の助成は「子の看護休暇制度」「保育サービス費用補助制度」それぞれについて、1企業あたり1回まで支給。
    ※制度利用時の助成は1企業1年度あたり「子の看護休暇制度」は200時間<240時間>「保育サービス費用補助制度は20万円<24万円>まで支給

オススメ記事:一人親方への残業代の支払いは必要?

再雇用者評価処遇コース

どんな助成金か?

妊娠、出産、育児又は介護を理由として退職した者が、就業が可能になったときに復職できる再雇用制度を導入し、希望する者を採用した事業主に対して助成。

 

いくら助成されるのか?

再雇用者1人目

継続雇用6ヶ月後 19万円<24万円>(中小企業以外14.25万円<18万円>)

継続雇用1年後  19万円<24万円>(中小企業以外14.25万円<18万円>)

 

再雇用者2~5人目

継続雇用6ヶ月後 14.25万円<18万円>(中小企業以外9.5万円<12万円>)

継続雇用1年後  14.25万円<18万円>(中小企業以外9.5万円<12万円>)

 

女性活躍加速化コース

どんな助成金か?

女性活躍推進法に基づき、自社の助成の活躍に関する「数値目標」、数値目標の達成に向けた「取組目標」を盛り込んだ行動計画を策定して、目標を達成した事業主に対して助成。

 

いくら助成されるのか?

各コース企業1回限り

[中小企業]

加速化Aコース ※取組目標達成時 28.5万円<36万円>

加速化Nコース ※数値目標達成時 28.5万円<36万円>

(女性か管理職比率が15%以上の場合の支給額 47.5万円<60万円>)

 

[中小企業以外]女性管理職比率が産業平均値の1.3倍以上の場合のみ

加速化Nコース ※数値目標達成時 28.5万円<36万円>

オススメ記事:住まいの専門小売業O社の過労死事件とは?

まとめ

両立支援等助成金は、仕事と家庭の両立を支援し、職場風土作りをした企業に助成する助成金です。うまく活用することで、従業員が介護で離職することを防ぐことができ、女性が活躍することできます。いろんな企業様とお話をさせて頂きましたが、助成金をうまく活用されている企業様は企業成長されていると感じます。助成金によって、申請の仕方は変わりますので、助成金にお困りでしたら、お近くの社会保険労務士か当事務所までご相談ください。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク