アメリカ企業の経営者が「働きがいのある会社」を目指す理由についてですが、なぜだと思いますか?これにはちゃんとした理由があり、彼らはそれを理解して実践し、従業員を大切にしています。日本企業の経営者はどうでしょうか。理解している経営者は、最近増えてきましたが、まだまだ少数派ではないかと私は思います。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

米国企業の経営者が働きがいを目指す理由!

なぜアメリカの経営者は、「働きがいのある会社」を目指すのでしょうか?

 

日本でも「情けは人の為ならず」ということわざがありますが、これは「情けは人の為ではなく、いずれは巡って自分に返ってくるから、誰にでも親切にしておいた方がいい」という教えになります。

 

アメリカの経営者は、「働きがいのある会社」になることは、従業員のためだけでなく、ひいては経営そのものに十分なメリットをもたらすことに気づいたのです。

オススメ記事:賃金の差押え!?給料払ったらダメなの?

ベストカンパニーに共通しているのは、「働きがいのある会社」であるとともに、従業員の「働きがい」を高めた結果として「事業としても成功している会社」であるという事実です。

 

賢明な経営者は、高いパフォーマンスを上げるために、まず良い組織を作ろうとしています。

 

組織とは「組織図」のことではありません。

 

従業員が「働きがい」を持てる状態を実現するための戦略のことです。

 

職場はビジネス戦略の一部であり、企業文化は競争のための重要なポイントです。

 

もし従業員を本当に大切にすれば、従業員は会社や事業を大切します。

 

経営の視点から考えると、事業を成功させるためには、「働きがいのある会社」になることが最も近道であることが分かったということなのです。

 

『フォーチュン』のベスト100に入っている会社は、従業員の高いモチベーションとロイヤリティで、結果として高いパフォーマンスを実現しています。

オススメ記事:天辻剛球製作所事件から考える労働問題とは?

スポンサードリンク

「働きがいのある会社」を目指すことは、コスト削減(離職者の減少による経費減、健康面の向上で医療費削減、変化への抵抗を軽減することで改革や業務遂行のスピードアップなど)、生産性向上(より良いカスタマーサービスで売り上げ増、アイデア増で効率化、革新の連続で新規事業創出など)、変化を生み出し、危機に打ち勝つことができる、一体感のある企業文化が生まれ、会社をまとめていくことができる、などの成果が期待できるというわけです。

 

「ベスト100」に入った企業を継続的に調べてわかったことは、【質の高い人材の確保】【優秀な人材の離職率の低下】【顧客満足度、カスタマーロイヤリティの向上】【イノベーションの促進】【創造性の発揮】【リスクテイクできる人材の増加】等が顕著にみられるということで、これらに関して、その他の会社と比べて高い優位性を保っているという事実があります。

 

そして、結果として、【生産性の向上】と【収益の向上】につながることも分かっています。

オススメ記事:非正規労働者からキャリアアップで助成金!

まとめ

米国企業の経営者が働きがいを目指す理由についてですが、理由は、従業員の働きがいを追求していくことで、従業員が退職することを防ぐことができるので、教育するコストを削減することができ、優秀な人材を確保することができます。長く働いてもらうことができれば、慣れてくることがありますので、生産性の向上にも役立ちます。こうしたことから、従業員の働きがいを目指すことというのは、従業員の為だけでなく、結果として、会社の業績にもつながることに気づいたということなのです。こうした問題を解決するのは、人を専門としている社会保険労務士になります。お近くの社会保険労務士か当事務所までご相談をよろしくお願いします。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク