職場のパワーハラスメント対策に取組む意義について、職場でパワハラが発生するとパワハラを受けている従業員の生産性が落ちます。これは会社にとって損失以外にありません。会社が雇った従業員へ、パワハラを行うことは会社に利益機会を喪失させる行為となります。会社はパワハラを行った従業員に対策は行うべきなのです。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

職場のパワーハラスメント対策に取組む意義

職場のパワーハラスメントは、相手の尊厳や人格を傷つける許されない行為であるとともに、職場環境を悪化させるものです。

オススメ記事:有期派遣社員の期間制限到来と留意点

こうした問題を放置すれば、メンタルヘルス不調につながり得るほか、当該労働者が休職や退職に至ることもあり、最悪の場合、人命にかかわることもある重大な問題となります。

 

また、パワーハラスメントを受けた労働者の生産性や意欲の低下を招くなど職場環境の悪化をもたらします。

 

また、企業にとっても、職場全体の生産性や意欲の低下、企業イメージの悪化、人材確保の阻害要因となりうることや、訴訟によって損害賠償責任を追及されることも考えられ、経営的にも大きな損失となります。

 

職場のパワーハラスメント対策を講ずることは、コミュニケーションの円滑化や管理職のマネジメント能力の向上による職場環境の改善、労働者の生産性や意欲の向上、グローバル化への対応等に資するものです。

 

また、職場においてパワーハラスメントの予防・解決の取組みが進むと、労働者は企業に対して、パワーハラスメントに関する相談をしやすくなります。

 

実態調査の結果によれば、効果が高い取組みとして相談窓口の設置や従業員向けの研修が挙げられており、さらに、パワーハラスメントの予防・解決に向けた取り組みが複数実施されることにより、労働者が職場環境の改善などの効果をより感じやすくなることも分かりました。

オススメ記事:人材確保に!使えるかもしれない助成金

さらに、パワーハラスメントを受けると、たとえその経験が一度であっても、怒りや不満、仕事に対する意欲の定価などの心身への影響が多くみられ、パワーハラスメントを受けた頻度が高くなるほど、不眠、休み、通院、服薬などのより深刻な心身への影響が大きくなる傾向があります。

スポンサードリンク

 

パワーハラスメントを発生させないことが何よりも重要ですが、パワーハラスメントが発生してしまった場合も、早期の対応により心身への影響を最小限に抑えることが重要です。

 

実態調査の結果からも職場のパワーハラスメントの予防・解決に与取り組むことは企業にとっても意義があることがわかります。

 

例えば、パワーハラスメントの予防・解決に向けた取り組みにより、職場環境が変わる、コミュニケーションが活性化するほか、「求職者・離職者の減少」、「メンタルヘルス不調の減少」などの付随効果も見られます。

 

また、労働者が企業に対して、相談をしやすくなり、企業がパワーハラスメントの実態を把握しやすくなることから、企業の信頼を揺るがすような問題に発展することを未然に防ぐことができることもあると考えられます。

 

なお、実態調査の結果によれば、パワーハラスメントの予防・解決に向けた取り組みを考えていない企業に比べて、「職場の生産性が低下する」、「企業イメージが悪化する」などの認識が特に低く、パワーハラスメントが企業にとって大きな損失をもたらすという認識が相対的に低いと言えます。

 

このため、パワーハラスメントの予防・解決に取り組むことは労働者にとっても企業にとっても意義や効果があるということについて、労働者や企業に広く理解を求め、対策を促していくことが非常に重要です。

オススメ記事:会社への帰属意識と仕事への熱意が世界最低!?

まとめ

職場のパワーハラスメントは、「職場の生産性が低下する」ことや「企業イメージが悪化する」ことに直結します。しかし、この認識がないので、職場でパワハラが発生してしまうのです。企業イメージや生産性に影響が出ることであれば、会社としてパワハラを予防・解決に取り組むことは大変意義の成ることということが理解できますね。パワハラなどでお困りでしたら、お近くの社会保険労務士か当事務所までご相談ください。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク