大切な人材を失わないためにすることとは、いったい何をしたらいいのでしょうか?まず大事なことは、職場のトラブル、ハラスメントに関することには気を付けたいところではないでしょうか。他には、しっかりとやっている人には評価することがとても大事です。やらない方が評価されると優秀な社員は辞めてしまいます。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

大切な人材を失わないためにすることとは?

職場のトラブルをめぐる情況

厚生労働省によると、「職場のトラブル」に関する相談は10年連続100万件を超え、内容は「いじめ・嫌がらせ」が6年連続トップとなっています。

 

また、職場のパワハラに関する実態調査では、従業員向け相談窓口で従業員から相談の多いテーマはパワハラ(32.4%)が最も多く、都道府県労働局環境・均等部(室)に寄せられた男女雇用機会均等法に関する相談では、セクハラが最も多く6,808件(35.5%)、次いで「婚姻、妊娠・出産等を理由とする不利益取扱い」が4,434件(23.1%)となっており、ハラスメントに関する問題はどの企業にも関係する問題となっています。

オススメ記事:会社の価値を従業員の意味に変換できたら

どのような行動がハラスメントになるのか

①パワハラの場合

例えばこんな行為
  1. 身体的な攻撃:暴行・傷害
  2. 精神的な攻撃:脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
  3. 人間関係からの切り離し:隔離・仲間外し・無視
  4. 過大な要求:業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害
  5. 過小な要求:業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じる、仕事を与えない
  6. 個の侵害:私的なことに過度に立ち入る

 

【考え方】

1は、業務の遂行に関係するものでも「業務の適正な範囲」に含まれません。

2と3は、原則として「業務の適正な範囲」を越えると考えられます。

4~6は、何が「業務の適正な範囲」を越えるかは業種や企業文化の影響を受け、具体的な判断も、行為が行われた状況や行為が継続的であるかどうかによって左右される部分があるため、各企業・職場で認識をそろえ、その範囲を明確にすることが望ましいです。

 

②セクハラの場合

対価型セクシャルハラスメント

労働者の意に反する性的な言動に対する労働者の対応(拒否や抵抗)により、その労働者が解雇、降格、減給、労働契約の更新拒否、昇進・昇格の対象からの除外、客観的に見て不利益な配置転換などの不利益を受けること

スポンサードリンク

 

環境型セクシャルハラスメント

労働者の意に反する性的な言動により労働者の就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じるなどその労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じること

 

③マタハラの場合

制度等の利用への嫌がらせ型 状態への嫌がらせ型
  • 制度等の利用を理由に解雇や不利益取扱いを示唆する言動
  • 制度等の利用を阻害する言動
  • 制度等の利用を理由に嫌がらせ等をする言動
  • 妊娠・出産等を理由に解雇その他不利益取扱いを示唆する言動
  • 妊娠・出産等を理由に嫌がらせ等をする言動

オススメ記事:職場のパワハラの予防と解決の取組みの課題

ハラスメントの予防・解決のポイント

社内のパワハラ対策の取組み

予防するために
  1. トップメッセージの発信
  2. 社内ルールの決定
  3. アンケートによる実態把握
  4. 教育・研修
  5. 社内での周知・啓発

 

解決するために
  1. 相談窓口の設置
  2. 再発防止

 

セクハラ・マタハラに関しては、男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法の改正により、平成29年1月1日から事業主には以下の事項が義務付けられています。

 

職場トラブル発生時の解決

都道府県社会保険労務士会では、「社労士会労働紛争解決センター」を設置し、「あっせん」という手続きで職場のトラブルの円満解決を図るお手伝いをしています。

 

「あっせん」とは、経営者と従業員の皆様に、それぞれの意見を別々に伺った上で、適切な和解案をご提案し、話し合いをもって解決を目指すものです(経営者と従業員の皆様が、直接対面することはありません。)。裁判のようにどちらかが「勝った」、「負けた」ではなく、双方が納得した上での解決が図られます。

 

同センターでは、「特定社労士」が経営者と従業員の皆様の代理人として「あっせん」のお手伝いをすることができます。

オススメ記事:職場でのハラスメントの防止に向けて①

まとめ

大切な人材を失わないためにハラスメント対策は必ず必要になります。トラブルを未然に防ぐことも必要で、就業規則の整備も必要になってきます。社会保険労務士でしたら、こうしたハラスメント対策やトラブルに対して対応することができます。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク