「所定労働時間」と「法定労働時間」の違いについて、言葉は似ていますが、違いが当然ありまして、これを正しく理解していないと、会社がいう時間外労働と法律でいう時間外労働で、間違った解釈をすることになります。法改正で、時間外労働が上限規制され、どこの時間で規制がかかるのか正しく把握できるようにしましょう。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

オススメ記事:パワハラのない職場づくりで健康経営!?①

「所定労働時間」と「法定労働時間」の違い

今回の法改正の内容を正しく理解していただくには、まず「時間外労働」と「休日労働」について、法律上の規定を正しく理解していただくことが必要です。

 

時間外労働については、一般的に考えられている「残業」と法律上の「時間外労働」が異なっている場合があるので注意が必要です。

 

いわゆる「残業」というと、会社で定めた「所定労働時間」を超える時間のことを指すと考える方が多いのではないでしょうか。

 

一方、法律上の「時間外労働」とは「時間外労働」とは、労働基準法で定められた「法定労働時間」(1日8時間・1週40時間)を超える時間のことをいいます。

 

通常、労働基準監督署などでは、「時間外労働」というと、後者を指しています。

 

例えば、始業時刻が9:00、休憩時間が12:00~13:00、終業時刻が17:30の会社であれば、所定労働時間は7:30となります。

 

この場合に、9:00に始業し18:00に終業した労働者については、いわゆる「残業」は30分になりますが、法律上の「時間外労働」は無しとなります。

スポンサードリンク

 

ただし、残業手当の算定基準を、「所定労働時間」を超える時間とするか、「法定労働時間」を超える時間とするかは、労使の定めによって決まります。

オススメ記事:リクルートエージェントの働き方とは?

休日労働についても同様に注意が必要です。

いわゆる休日労働というと、会社で定める「所定」休日に労働した時間と考える方が多いのではないでしょうか。

 

一方、法律上の休日労働とは、労働基準法で定められた「法定」休日に労働した時間のことをいいます。

 

このため、「法定」休日とは、1週間につき1日の休日のことをいいます。

 

通常、労働基準監督署などでは、「休日労働」は、法定休日に労働させることをいいます。

 

例えば、毎週土曜・日曜を所定休日、そのうち日曜を法定休日と定めている事業場であれば、土曜日に労働した時間は「法定」休日労働には該当せず、日曜日に労働した時間が「法定」休日労働となります。

 

月曜~土曜までに労働した時間が40時間を超えていた場合には、超えた時間は「時間外労働」にカウントされるので、注意が必要です。

オススメ記事:高齢者雇用の業種別ワンポイントアドバイス

まとめ

残業というと会社員は、会社で定めた時間を超えて労働したときの時間とイメージすると思いますが、実は、法律上では法定で定められた時間を超えた時間のことを時間外労働としています。同じく、休日労働についても会社で定めた休日に労働した時間と考えるかもしれないですが、実は、法律上の休日を労働したときの時間を休日労働した時間としています。実際のイメージと法律上では、違うこともありますので、社会保険労務士や労働基準監督署などで確認するようにしましょう。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク