シフト制で働く社員の有給休暇の計算方法になります。フルタイムで働く方の有給休暇日数についてご存知の方は多いと思いますが、アルバイトやパートタイマーの有給休暇日数をけいさんするけいさんしきをご存知の方は少ないのではないでしょうか。パートタイマーにも半年を超えて労働をしていれば有給休暇は実はあります。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

シフト制で働く社員の有給休暇の計算方法

年次有給休暇とは

付与日数

年次有給休暇は、雇入れの日から6か月継続勤務し、その間の全労働日の8割以上出勤した労働者に対して最低10日を付与しなければなりません。

 

そのあとは、継続勤務年数1年ごとに一定日数を加算した日数となりますが、一般の労働者の場合は次の通りとなります。

 

継続勤務年数 0.5 1.5 2.5 3.5 4.5 5.5 6.5以上
付与日数 10 11 12 14 16 18 20

オススメ記事:職場のパワーハラスメント防止対策の強化

(1)週所定労働時間が30時間未満の労働者

なお、週所定労働時間が30時間未満のいわゆるパートタイム労働者の場合には、その勤務日数に応じて比例付与され、それぞれの所定労働日数により次の通りとなります。

①週所定労働日数が4日または1年間の所定日数が169日から216日
継続勤務年数 0.5 1.5 2.5 3.5 4.5 5.5 6.5以上
付与日数 7 8 9 10 12 13 15
②週所定労働日数が3日または1年間の所定日数が121日から168日
継続勤務年数 0.5 1.5 2.5 3.5 4.5 5.5 6.5以上
付与日数 5 6 6 8 9 10 11
③週所定労働日数が2日または1年間の所定日数が73日から120日
継続勤務年数 0.5 1.5 2.5 3.5 4.5 5.5 6.5以上
付与日数 3 4 4 5 6 6 7
④週所定労働日数が2日または1年間の所定日数が48日から72日
継続勤務年数 0.5 1.5 2.5 3.5 4.5以上
付与日数 1 2 2 2 3

オススメ記事:採用・内定・試用期間で企業が理解すること①

スポンサードリンク

(2)労働基準法第72条の特例の適用を受ける未成年者<(1)に該当するものは除く>

職業能力開発促進法第24条第1項の認定を受けて行う職業訓練を受ける労働者で、労働基準法第70条に基づいて発する命令の適用を受ける未成年者(雇入れ日が平成6年4月1日以降であるものに限る。)の年次有給休暇については、次の通りとなります。

継続勤務年数 0.5 1.5 2.5 3.5 4.5 5.5以上
付与日数 12 13 14 16 18 20

 

労働者の請求する時季

年次有給休暇は、労働者が請求する時季に与えることとされていますので、労働者が具体的な月日を指定した場合には、次の「③時季変更権」による場合を除き、その日に年次有給休暇を付与する必要が生じます。

 

時季変更権

使用者は、労働者から年次有給休暇を請求された時季に、年次有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合には、他の時季に年次有給休暇の時季を変更することができます。(労働基準法第39条第4項)

 

年次有給休暇の繰り返し

年次有給休暇の請求権の時効は、2年です(労働基準法第115条)。

 

不利益取扱いの禁止

使用者は、年次有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取り扱いをしないようにしなければならないとされています。

 

具体的には、年次有給休暇を取得したことを理由に精勤手当、賞与の額の算定などに際して、年次有給休暇の取得した日を欠勤または欠勤に準じて取り扱うことのほか、年次有給休暇の取得を抑制するすべての不利益な取り扱いはしないようにしなければなりません。

オススメ記事:分かりやすい職場のルール作り・就業規則

まとめ

シフト制で働く社員の有給休暇の計算方法ですが、『原則的な付与日数 × 週所定労働日数 ÷ 5.2日』で計算します。パートタイマーで週所定労働日数が4日で、勤続勤務6か月の者は、10×4÷5.2≒7.69になるので、7日の年次有給休暇日数となります。アルバイトでも該当すれば年次有給休暇が取得することができますが、職場によっては年次有給休暇の制度がないところもあります。制度がないところは、よろしくありませんので、有給休暇が取得できるように改善して頂きたいと思います。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク