働き方改革の基本的な考え方になります。働き方改革を簡単にいうと、人が少なくなっていますが、業務の成果が変わらない、もしくは、向上していること、労働者の意欲・能力を発揮できる職場環境を整えることだと思います。企業も人手不足で困っていますが、これからは少人数でも会社運営できるようにしなければなりません。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

働き方改革の基本的な考え方とは?

「働き方改革」とは、労働者が、事情に応じた多様な働き方を自ら選択できる社会を目指すことのみならず、企業が自らの働かせ方を見直すことにより、労働力人口の急激な減少化の中で、人材を確保するための改革

 

我が国が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」、「労働者のニーズの多様化」などの課題に対応するためには、投資やイノベーションによる生産性向上、労働者の意欲・能力を発揮できる職場環境を作ることが必要

各企業が、多様な働き方を実現し、労働者の立場に立った職場環境の改善・整備を進めることにより多様な人材の確保、離職防止を図り、人材定着による人手不足克服へつなげ、成長と分配の好循環を構築する

オススメ記事:顧客や取引先からの著しい迷惑行為!?

中小企業等における改革の必要性

「働き方改革」は、我が国雇用の7割を占める中小企業・小規模事業者において、着実に実施することが必要

魅力ある職場とすることで、人手不足解消につなげる

 

職場環境の改善などの「魅力ある職場づくり」が人手不足解消につながることから、人手不足感が強い中小企業・小規模事業者においては、生産性向上に加え、「働き方改革」による魅力ある職場づくりが重要
取組に当たっては、「意識の共有がされやすい」など、中小企業・小規模事業者だからこその強みもある
「魅力ある職場づくり」⇒「人材の確保」⇒「業績の向上」⇒「利益増」の好循環を作るため、生産性向上や「魅力ある職場づくり」のためにきめ細かな支援を行う

 

現状の課題

《国》

スポンサードリンク

  • 少子高齢化の進展
  • 生産性年齢人口の減少
  • 生産性向上の低迷
  • 革新的技術への投資不足
  • 付加価値の高い産業への転職・再就職の困難性

 

《働く人》

  • 「正規」、「非正規」との間の不合理な処遇の差
    ⇒ 頑張る意欲の低下
  • 長時間労働
    ⇒ 健康への障害、仕事と生活の両立が困難化(少子化、女性のキャリア形成・男性の過程参加の阻害等の原因)
  • 転職は不利
    ⇒ ライフスタイルにあった仕事の実現の困難化

 

《企業》

  • 労働力不足
  • 長時間労働
  • 生産性向上の低迷

オススメ記事:採用・内定・試用期間で企業が理解すること②

働き方改革の目標

働く一人一人の実情に応じた多様な働き方を選択できる社会の実現

  • 同一労働同一賃金の実現
  • 長時間労働の是正・多様で柔軟な働き方の実現
  • 転職が不利にならない柔軟な労働市場・企業慣行の確立

 

働き方改革で課題克服へ

  • 「正規」と「非正規」の理由なき格差を是正
    ⇒ 非正規労働者の納得感の醸成
    ⇒ モチベーションの向上のインセンティブ
    ⇒ 労働生産性の向上
  • 長時間労働の是正・多様で柔軟な働き方の実現
    ⇒ ワーク・ライフ・バランスの改善
    ⇒ 女性や高齢者等の労働参加率の向上
    ⇒ 経営者の働かせ方への関心の高まり
    ⇒ 単位時間(マンアワー)当たりの労働生産性の向上
  • 転職が不利にならない柔軟な労働市場・企業慣行の確立
    ⇒ 労働者が自分に合った働き方を選択して自らのキャリア設計が可能
    ⇒ 付加価値の高い産業への転職・再就職
    ⇒ 国全体の生産性の向上

オススメ記事:従業員の『もしも』に備える労働・社会保険

まとめ

働き方改革の基本的な考え方は、魅力ある職場づくりをし、人材を確保、業績を向上させ、利益の増加を図ることになります。魅力ある職場づくりを行っていくことがとても大事なことになります。逆にこれからはブラック企業と呼ばれる会社では、人が集まらずに事業を運営していくことが困難になっていくということになります。法律で決められていることは当然やられていなければなりません。何をしたらよいかお困りでしたら、お近くの社会保険労務士か当事務所までご相談ください。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク