産業医・産業保健機能の強化等の法律が改正されます!産業医以外には、産業医の独立性・中立性が強化されます。他には、事業者の産業医に対する健康管理等に必要な情報の提供が義務化、産業医の勧告権限、産業医からの勧告の衛生委員会等への報告が義務化等が整備されます。把握して企業で対応して頂ければと思います。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

産業医・産業保健機能の強化等が改正!?

産業医・産業保健機能の強化

産業医等【改正安衛法13①】

  • 衛生委員会等への報告(改正安衛則13④)
    産業医の辞任、解任時には、遅滞なく、その旨及び理由の衛生委員会等への報告義務を新設
  • 産業医の職務の追加(改正安衛則14①)
    労働時間の上限規制の適用除外となる新技術、新商品等の研究開発業務に従事する者に対する面接指導及びその結果に基づく健康保持のための措置のを述べる権限。
  • 産業医に対する権限の付与等(改正安衛則14の4)
    産業医に対して付与される安衛則14①各号に掲げる事項をなし得る権限には次の事項が含まれる。
    ①事業者・総括安全衛生管理者に対し意見を述べる権限
    ②必要な情報を労働者から収集する権限
    ③緊急の必要がある場合に労働者に対し必要な措置をとるべきこと指示する権限
  • 産業医にが衛生委員会等に対し必要な調査審議を求めることができることの明確化(改正安衛則23⑤)

オススメ記事:高齢者戦力化の方向性について

産業医の独立性・中立性の強化【改正安衛法13③】

  • 産業医の義務の明確化
    ①労働者の健康管理等に必要な医学知識に基づく誠実な職務施行義務

 

事業者の産業医に対する健康管理等に必要な情報の提供義務【改正安衛法13④】

  • 産業医に対し情報提供が義務付けられている情報提供の時期等
    ①健康診断、長時間労働者に対する面接指導、ストレスチェックに基づく面接指導の結果を踏まえた医師の意見に基づき講じた措置又は講じようとする措置
    ⇒医師、歯科医師から意見聴取を行った後遅滞なく情報提供
    ②週当たり40時間越えの労働時間が月80時間超の労働者の氏名、月80時間ごえの労働時間数
    ⇒労働時間の算定を行った後速やかに情報提供
    ③産業医が労働者の健康管理等を適切に行うために必要な労働者の業務に関する情報
    ⇒産業医から提供を求められた後、速やかに情報提供

オススメ記事:時間外労働上限規制への対応!どうなる?

スポンサードリンク

産業医の勧告権限等【改正安衛法13⑤】

  • 産業医は事業者に対し勧告を使用とするときは、あらかじめ、勧告の内容について事業者の意見を求められるものとされたこと
  • 事業者が勧告を受けたときは次の記録を3年間保存
    ①勧告の内容
    ②勧告を踏まえて講じた措置の内容(措置を講じない場合には、その旨及び理由)

 

産業医からの勧告の衛生委員会等への報告義務【改正安衛法13⑥】

  • 産業医から勧告を受けた事業主は、次の内容を衛生委員会(又は安全衛生委員会)へ報告することを義務化
    ①勧告の内容
    ②勧告を踏まえて講じた措置の内容(措置を講じない場合には、その旨及び理由)
  • 上記報告は勧告を受けた後遅滞なく行うこと

 

産業医等が労働者からの健康相談に適切に対応するための体制整備等【改正安衛法13の3】

労働者が産業医・産業保健スタッフに直接相談できる仕組みなど安心して健康相談を受けられる体制の整備(努力義務)

 

産業医の業務の内容等の周知の義務化【改正安衛法101②】

  • 事業者は、産業医の業務に関する(1)の事項について、(2)の方法により周知させなければならない。
    (1)周知事項
    ①産業医の業務の具体的な内容
    ②産業医に対する健康相談の申出の方法
    ③産業医による労働者の心身の状態に関する情報の取扱い方法
    (2)周知方法
    ①常時各作業場の見やすい場所に掲示し、又は備え付けること。
    ②書面を労働者に交付すること。
    (3)磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準ずるものに記録し、かつ、各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置すること。

オススメ記事:長時間労働の是正!健康確保措置の充実!?

まとめ

4月の改正で、産業医・産業保健機能の強化、産業医の独立性・中立性の強化、事業者の産業医に対する健康管理等に必要な情報等がされます。時間外労働時間に社会問題にもなったので、このような処置をするようになったのです。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク