不合理な待遇かどうかは裁判所が判断します。最高裁平成30年6月1日第二小法廷判決(ハマキョウレックス事件・長澤運輸事件等)にみる両判決のポイントについてご紹介します。この判例から同一労働同一賃金が、今後の労働環境を激変させることが予想されます。使用者にとっては難しい状況になるということですね。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

不合理な待遇かどうかは裁判所が判断する!?

最高裁平成30年6月1日第二小法廷判決(ハマキョウレックス事件・長澤運輸事件等)にみる両判決のポイントは

有期と無期の雇用契約者間において、期間の定めにより労働条件の相違がある場合、その相違は①労働者の業務内容、②業務に伴う責任の程度(職務の内容)、③職務内容及び配置の変更の範囲、④その他の事情を考慮して「不合理と認められる」ものであってはならないもので、「同一の処遇」を求めるものではなく、職務内容等の違いに応じた均衡処遇を求めるもの(両判決)

オススメ記事:36協定届の新様式!中小企業は旧様式も可

基本的労働条件(基本給、昇給、賞与、退職金)の相違の間接的肯定の判決

「上告人の彦根支店におけるトラック運転手の業務の内容には、契約社員と正社員との間に相違はなく、当該業務に伴う責任の程度に相違があったとの事情もうかがわれない。

 

本件正社員就業規則には、上告人は業務上必要がある場合は従業員の就業場所の変更を命ずることができる旨の定めがあり、正社員については出向を含む全国規模の広域移動の可能性があるが、本件系脚社員就業規則には配転又は出向に関する定めはなく、契約社員については就業場所の変更や出向は予定されていない。

 

また、正社員については、公正に評価された職務遂行能力に見合う等級役職への格付けを通じて、従業員の適正な処遇と配置を行うとともに、教育訓練の実施による能力の開発と人材の育成、活用に資することを目的として、等級役職制度が設けられているが、契約社員についてはこのような制度は設けられていない。」(ハマキョウレックス事件最高裁判決、労判1179.20)

オススメ記事:勤務間インターバル制度等の普及・促進!?

定年退職者と定年前在職者の賃金差は一部手当を除き不合理ではない

「嘱託乗務員である上告人らの業務の内容は、バラ車に乗務して指定された配達先にバラセメントを配送するというものであり、正社員との間において、業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度に違いはない。

スポンサードリンク

 

または、本件各有期労働契約においては、正社員と同様に、被上告人の業務の都合により勤務場所及び担当業務を変更することがある旨が定められている。」

 

「定年後再雇用者採用条件(以下「本件再雇用者採用条件」という。)の内容は、以下のアからエ(基本給差、能率給(なし、歩合給)、職務給なし、精勤手当なし、無事故手当(同じ)、住宅手当なし、家族手当なし、賞与・退職金なし、調整給なし、(一部月額2万円)、通勤手当(同じ))までの通りである。

 

これによれば、上告人らを含む嘱託乗務員の賃金(年収)は、定年退職前の79%程度となることが想定されるものであった(なお、上告人らが定年退職前1年間に嘱託乗務員であったと仮定して賃金を計算した場合、その金額は、実際に支払いを受けた賃金の約76%から約80%となる。)。」

 

「事業主は、高年齢者雇用安定法により、60歳を超えた高年齢者の雇用確保措置を義務付けられており、定年退職した高年齢者の継続雇用に伴う賃金コストの無制限な増大を回避する必要があること等を考慮すると、定年退職後の継続雇用における賃金を定年退職時より引き下げること自体が不合理であるとはいえない。

 

また、定年退職後の継続雇用において職務内容やその変更の範囲等が変わらないまま相当程度賃金を引き下げることは広く行われており、被上告人が嘱託乗務員について正社員との賃金の差額を縮める努力をしたこと等からすれば、上告人らの賃金が定年退職前より2割前後減額されたことをもって直ちに不合理であるとはいえず、嘱託乗務員と正社員との賃金に関する労働条件の相違が労働契約法20条に違反するということはできない。

 

しかしながら、原審の上記判断のうち、精勤手当及び超勤手当(時間外手当)を除く本件各賃金項目に係る労働条件の相違が労働契約法20条に違反しない」(長澤運輸事件最高裁判決、労判1179号34頁)

オススメ記事:フレックスタイムで時間外労働?どうなる?

まとめ

不合理な待遇どうかは裁判所が判断するというタイトルで少々驚くかと思いますが、実際には裁判所が判断をしました。嘱託社員で働いている方には、給料が下がることを裁判所が認めたというのは衝撃だったのではないでしょうか。その前に、有期契約労働者の判決で労働者が勝訴していたので、嘱託社員も勝てると思われたと思うのですが、結果は使用者側に軍配が上がりました。その状況によって判断が変わってくるのですが、この判例を基に今後、労働環境が整備されていくと思います。そうしたときに社会保険労務士にご相談頂ければ、良い方法をご提案してくれるはずです。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク