助成金と補助金の違いについてご存知ですか?この2つの言葉は非常に似ているのですが、中身を知ると意外とけっこう違いがあります。この似た2つの言葉の違いについて、知ることで中小企業の経営者の方には、今後、大変役立つ知識になるのではないかと思いますので、知って頂き今後の経営に役立てて頂けたらと思います。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

助成金と補助金の違いについて

経営者の方とお話をしていますと、助成金と補助金の違いについてはっきりと出来ている方は、まだまだ少ないです。

 

補助金

まず、補助金を担当している省庁は、経済産業省地方自治体が主に担当しています。

財源は、我々から集めている税金で、募集期間は、期間限定で、多いのが国会後の予算審議終了後の2月、5月、11月に募集するケースが多いです。

 

補助金の金額は、1000万円など大きな金額のものが多く、その代わり、採択がありますので、補助金が支給されない場合もあります。

 

あと、補助金で忘れがちなのが、収益納付と呼ばれるもので、支給した補助金を国に返金することがあります。

オススメ記事:実は週4日勤務の正社員制度はできつつある

助成金

次に助成金についてですが、担当している省庁は、厚生労働省になります。

 

財源は、経営者の方が支払っている雇用保険料で、ここで経営者といっているのは、従業員も払っていますが、経営者の方が多く払っていませんか?

これは、雇用保険二事業の分を支払っているからで、この多く払っている分が助成金の財源になります。

 

募集期間はなく、いつでも申請することができ、補助金に比べると金額は少ないですが、採択はなく、収益納付もありません。

 

大企業には補助金がいいですが、中小企業にとっては補助金よりも助成金の方が使いやすいと思います。

スポンサードリンク

オススメ記事:裁量労働制についてご存知ですか?

以下、一覧表にまとめます。

一覧

省庁 財源 期間 採択 収益納付
補助金 経産省
自治体
税金 限定あり 大きい ある ある
助成金 厚労省 雇用保険 限定なし 小さい なし なし

オススメ記事:36(サブロク)協定をご存知ですか?

中小企業には助成金!

補助金と助成金について、中小企業にとっては、助成金の方が使いやすいと思います。

その助成金は、約70種類あり、自分がどの助成金が使えるのかなかなか見きれないほどの量があります。

 

当事務所では、簡単なアンケートにお答えいただくと無料でどの助成金が該当しそうなのか診断するサービスをしています。

 

助成金で自分の会社は何が使えるのか知りたいというときにお役に立てると思います。

まとめ

助成金と補助金の違いについてでしたが、いかがでしたか?もし、知らなかったという方は、少し時間ができたときにニュースを見てしまう時間を、『助成金何かないかな?』と調べてもらえるようになっていただけたらと思います。助成金については、社会保険労務士の専門分野ですので、お困りの時は、お近くの社会保険労務士にご相談頂ければと思います。私の事務所でも対応できますので、お問合せいただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク