新しい働き方!週4日勤務とは?について、週5日勤務が多い中、なぜ、週4日勤務制度なのかというと、仕事の生産性向上、効率化により、育児や介護、病気をお持ちの方でも働き続けることができる必要があるからです。これから色々な事情を持った方が多くなりますので、企業も多様な働き方に対応していく必要があります。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

週4日勤務制度とは

働き方改革で、日本の新しい働き方に注目が集まっていますね!

 

人口減少をしている状況で、労働力を維持させることを考えなければいけませんから、当然ですよね!

 

政府は、『一億総活躍社会』としてテーマに挙げています。

 

首相は、非正規という言葉をなくしたいということもおっしゃっています。

 

これは非正規社員を正社員にし、全ての働く人が活躍できるチャンスを広げつつ、一部で長時間労働などの問題を抱えている正社員の働き方を健康的に過ごせて仕事を続けられる環境にしていくこうということなのです。

 

これらの課題を解決する方法として、週4日勤務制度なのです。

オススメ記事:働き方改革で副業・兼業はできるものなのか?

週4日勤務とはどんな働き方かというと、この3つに当てはまることを言います。

  1. 週所定労働時間数が通常の正社員より短い
  2. 1週間に休日が3日ある
  3. 給与水準はフルタイム正社員と原則同等である

 

この3つに当てはまった勤務制度を週4日勤務制度といいます。

 

この勤務制度を導入することは難しいことなのかというと、すでに育児でこうした働き方をしている方は、いると思います。

 

その範囲をもう少し広げるイメージになると思います。

 

最近では、人材を集めるのも、集めてその後、人材を育成するのも、とても大変です。

 

できれば会社を辞めずに長く働き続けてもらえる方が、会社にとっても本人にとってもいいはずなのです。

スポンサードリンク

 

制度がないために会社を辞めていくのは、会社も損失ですし、本人も働く場を失うことになるので、その後の人生にも影響します。

 

週4日の勤務で十分成果を出せるのか?こんな風に思う方もいらっしゃると思います。

 

仕事によっては、短い時間に変わっても効率的にすることで、仕事の成果を維持することができるものはあります。

 

これからは、今まで10時間かかっていた仕事を8時間や7時間で終わるようにしていかなければ、育児や介護、病気をお持ちの方が働くことは難しくなっていきます。

オススメ記事:仕事ができるようになるまでの時間とは?

国民の誰もがこの3つの事情に当てはまる可能性があり、生産性向上は今や待ったなしの状況なのです。

 

会社が就業規則の見直しも含めて、勤務制度改革に乗り出さなければ、従業員は、減っていくことになり、国力が低下していくことにつながります。

 

働き方の改革を進め、時間をかけるだけの仕事の仕方から効率的に短時間で仕事ができるようにシフトしていく時が来ています。

オススメ記事:するべきことがわかっていない社員の育成法

まとめ

新しい働き方というのは、短い時間で、今までと同じ業務を遂行できるようにするということをいい、効率的に仕事をして、生産性を高めていきましょう、ということです。働ける人が減ってきて、育児や介護などの仕事とは別の時間が必要になってきています。残された道は、効率的に仕事をすることのみです。効率的に仕事をするために設備導入など該当する助成金があります。お近くの社会保険労務士にご相談していただければ、お調べします。当事務所でも、助成金無料診断を行っておりますので、お問い合わせください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク