時間的制約を抱えている人でも働ける環境とは、どんな環境だと思いますか?何らかの事情で、現代社会は時間的に制約のある人は多くなっています。育児・介護・病気など事情は人それぞれです。こうした事情でも持続的に働くことができる働き方にするのが働き方改革になります。ここでは週4日勤務制度をおすすめしています。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

時間に制約があっても働ける環境

多くの会社が採用している正社員制度というのは、週5日の土日休みで1日8時間勤務するフルタイムと呼ばれる勤務形態が多いと思います。

 

これに残業をする形が多いと思いますが、この働き方はまさに会社に忠誠を誓うような働き方であると私は思っております。

 

こうした働き方をしていると、リーマンショックのようなことが起こったときに解雇された場合、非常にショックを受けることになり、良い働き方とは思えません。

 

それにこうした働き方ができるのは、今では、独身かお子さんがいれば、夫婦どちらかが家事をしている状況でなければ、とても労働の提供が成り立たないと思っております。

 

もし、仮に子育て時期の女性が正社員であれば、勤務をし続けることは、とても困難であると思います。

オススメ記事:パートさんが1年契約で5年ですが大丈夫?

自宅に祖父母と一緒に住んでいれば、まだいいかもしれませんが、核家族化が進んでいる現代ではだれも面倒を見てくれません。

 

こうなると女性が働き続けられる職場環境でなければ、女性は長く働くことができないでしょう。

 

女性だけではありません。

 

障がい者、高齢者、病気の方などの人たちにとっても、会社に忠誠を誓う働き方をしなければいけないとしたら、その選択をすることができるようでしょうか?

スポンサードリンク

 

私は、できないのではないかと思いますね。

 

では、週4日で1日7時間労働で残業がないという制度であればどうでしょうか?

オススメ記事:助成金と補助金の違いってご存知ですか?

平日、1日が休日になりますので、子どもがいれば、子供会やPTA活動といったコミュニティ活動、子どもの発熱などの急な事情への対応といったことも所定休日以外に休日がある制度であれば対応しやすいです。

 

それに、職場では必ず誰かが休んでいるという状況なので、休むことに後ろめたい気持ちがなくなります。

 

それでも業務ができるように職場の状態が調整されているので、休むことがしやすいです。

 

この休みやすいというのは、定着率にかなり効果があります。

 

こうしたことから、週4日の勤務制度というのは、有効であると考えています。

オススメ記事:裁量労働制についてご存知ですか?

まとめ

時間に制約があっても働ける環境ということで、週4日の勤務制度をご紹介しています。なかなか難しいというのは、承知しております。しかし、無理と決めつけてしまうと議論は前に進みません。できる方法を一生懸命考えて実行できるように知恵を出すことが大切だと思います。ダメだといって終わらせてしまうことは簡単です。ぜひ、あきらめずにできることをしていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク