働き方そのものを変える時代が来ます。政府が働き方改革として法整備をしているのはニュースなどでご存知だと思います。どのくらいの規模で改革されるのかわからないと思いますが、労働基準法が制定されて以来の大規模な改革が行われようとしているのです。過去にない規模ということで、働き方を変える時代が来ています。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

働き方を変えるときが来た!

少子高齢社会となり、毎年日本の労働人口は減っていくという事態は、避けることができなくなっています。

 

人材不足、労働時間の制限ということで、人と時間が制限された状況になってしまった以上は、残されているのは、効率化しかありません。

 

短い時間でたくさん仕事ができるように工夫していく以外に道が残されていないのです。

 

従来の働き方では対応できない時代に入っていくのです。

 

もう正社員と非正規社員という雇用形態の二極化というバランスの欠けた状態を維持していくこともできない社会になっています。

 

非正規社員というのは、パート、アルバイト、契約社員などで会社内での業務は、基幹的業務ではなく補助的な業務に就くことがほとんどではないでしょうか。

オススメ記事:実は週4日勤務の正社員制度はできつつある

中には、正社員と変わらない仕事をしているという方もいるでしょうが、多くの会社では上記のような状態だと思います。

 

雇用期間も決まっていて、雇止めの可能性があり雇用が不安定だったりします。

 

長期雇用が前提ではないために会社から十分な教育訓練を受けることができず、仕事も責任のあるものではないためにスキルアップができる状況ではありません。

 

この雇用が不安定だと『結婚できない』、『子どもが産めない』につながっていきます。

 

男性が非正規社員ですと、お相手の女性側は、非正規社員を避ける傾向があり、結婚ができないケースが多いです。

スポンサードリンク

 

この二者択一での雇用形態では、正社員を選択できない人たちの能力は十分に発揮されることなく、活躍するチャンスがありません。

オススメ記事:裁量労働制についてご存知ですか?

そこで、正社員と非正規社員との間に入るような雇用形態がこれからは必要になってきます。

 

その雇用形態が週4日の勤務制度なのです。

 

この新しいワークルールを導入することで、新しい可能性が出てきます。

 

週4日の勤務制度は、育児・介護・就学・病気といった何らの制約を抱えている人でも働ける制度になります。

 

この労働者に働きやすい仕組みを作れた企業に人が集まるようにこれからはなっていきますので、まだ、多くの会社が働きやすい職場環境ができていない今だからこそ、制度を作り、受け入れる体制を整備出来た会社から優秀な社員を雇うことができると思っています。

オススメ記事:多様な正社員が働きがいを認識するには?

まとめ

人を増やすことも、長く働くこともできない状況になってきます。残された方法は、短い時間で同じ効果を出していく効率化、生産性の向上が今後、重要になってきます。週4日の勤務制度を導入すると時間が短くなるので、強制的に短い時間で働けるように考えなければいけなくなります。この短い時間で働ける工夫が、育児・介護・病気・就学などをしている方でも働ける環境につながっていくので、ぜひとも導入をしていただきたいと思っています。週4日の勤務制度を導入に関しては、社会保険労務士がお役に立てると思います。お近くの社会保険労務士にご相談頂ければお役に立てると思います。当事務所にもご相談ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク