第3の雇用形態が正社員の負担を緩和するということですが、どういうことかというと非正規社員の方をいきなり正社員に雇用することはハードルが高いと思います。そこで、正社員と非正規社員の間に新たな準正社員的な枠を作ることで、パートなどの非正規社員の活躍の場を作ることで、正社員の負担を緩和することができます。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

正社員の負担を緩和する第3の雇用形態とは?

現状、正社員と非正規社員の2つの雇用形態がありますが、この間に入る雇用形態については、こちらのブログでは何度も出てきていると思います。

 

この正社員と非正規社員の間に入る準正社員的な雇用形態が入ることで、会社は従業員に対して柔軟に対応できるようになります。

 

正社員が増えるので人件費総額が増大するということが懸念されるかと思いますが、会社経営では、長期で考える必要もありますので、一時的に人件費が上がっても長い目で見れば、企業の人材としての力が高まるので、経営体力が強化されます。

 

正社員で働いている方の中には、両親の介護やお子さんが生まれて育児をしなければいけなくなるといったライフステージによっては、仕事だけに時間を費やすことが難しいときが必ずあります。

オススメ記事:働き方改革の位置づけについて

育児や介護だけでなく、自身が病気になることも考えられますし、加齢による体力低下もあります。

 

正社員でこうしたことが考えられるので、こうしたときに多様な正社員制度があると、制度を適応させることで、退職させることなく人材を確保し、また働けるようになったら働いてもらうことができるので、会社にも本人にもメリットがあります。

 

非正規社員で働いている方では、正社員を望む方が一定数いると思います。

 

ですが、会社としてはいきなり正社員にするには、ハードルが高いというものです。

スポンサードリンク

 

まずは、準正社員といった立場、ここでは多様な正社員制度に当てはめた社員にすることで、ステップアップしやすいようすることです。

オススメ記事:働き方改革で週4日の正社員制度を提案!

本人からは、目標になり会社からすると優秀な人材を確保することにつながるのでメリットになります。

 

正社員が抱えている仕事も正社員であれば任せられるので、正社員を増やして、業務を分担することで正社員全体の負担を緩和する効果も期待できますし、長時間労働の是正にもつながり、ワークライフバランスが実現できます。

 

短期的に見れば、一時的に教育工数が発生するかもしれませんが、長期的に見れば、その人が業務をこなせるようになれば利益につながっていくことになります。

 

多様な正社員制度を導入することで、会社と従業員双方にメリットがある制度であるということがご理解いただけるのではないかと思いますし、理想に近づくと思います。

オススメ記事:なぜ週4日の正社員制度が必要なのか?

まとめ

正社員の負担を緩和する第3の雇用形態ですが、これからは優秀な非正規社員をいかに自社の正社員として取り込んでいけるかが今後の企業価値を左右することになると思います。少子高齢社会となり労働人口はますます減っています。募集をしてもいい条件のところに人は流れていきますので、来てくれた人材を大切にし、育成し、自社のために働いてくれるようにしなければ、人材は流出するばかりになります。人材の募集から雇用、育成、多様な正社員制度導入は、社会保険労務士の分野です。お近くの社会保険労務士にご相談もしくは、当事務所にご相談頂ければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク