多様な正社員制度を導入するときの障害についてです。制度を導入するときには、必ず障害が現れます。それは、人だったり、制度自体の問題だったりします。障害になる理由はいくつかありますが、どれも解決することができれば、生産性を向上につなげることができる理由です。これからは、労働生産性の向上がカギを握ります。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

多様な正社員制度の導入するときの障害

多様な正社員制度というのは、勤務地制約型、職務制約型、時間制約型になり、特に時間制約型については、導入している企業が少なすぎるため、時間制約型を導入したくてもなかなか導入しづらいというのがあります。

 

なぜ、時間制約型は導入しづらいのかというと、

  1. 賃金制度
  2. 労働時間
  3. 労働生産性の低下

この3つのことが原因であると考えられています。

 

まずは、賃金制度ですが、正社員に支給されている賃金には、生活を保障するための手当が多くあります。

オススメ記事:働き方改革で副業・兼業はできるものなのか?

働いている本人以外の家族を養っていけるようにするということから賃金は決められています。

 

効率的に業務をできるようにし、時間を減らすことができれば、仕事量が減った分、給料も減るのが普通だと思いますが、生活保障を目的にしている給与なので、支給額は定額制であるというのがほとんどなので、人が増えれば企業の負担額は増えてしまうことになります。

 

この賃金制度というのは、労働時間も絡んでくる問題で、週4日の勤務制度を仮に導入したとしても、給料が勤務時間が減った分、減ってしまうので、このギャップによっては、耐えられなくなり多様な正社員制度を導入することができないという企業もいます。

 

労働時間についてですが、まず、中小企業に多いのが正社員とパートの給与を比較できるようになっていないということがあります。

スポンサードリンク

 

正社員がどのくらい働いているのかを把握していないという中小企業は意外と多いです。

オススメ記事:36(サブロク)協定をご存知ですか?

時間給でそれぞれ計算してみると、パートさんの方が高いということがあり、正社員になりたがらない理由にもつながります。

 

そして、労働生産性の低下ですが、今までは、同じ場所にいて同じ時間を共に働いていたので、連絡事項も打ち合わせで集めることができたりするので、情報伝達ができていました。

 

これを新しい制度を導入することで、一度に連絡ができないということで労働生産性の低下を気にする意見が出ますが、こうしたことにならないように工夫をすることで、その会社の労働生産性は劇的に上がることでしょう。

 

政府もこうしたことに対しての助成金を準備していますので、ぜひ、活用して設備が必要であれば設備を導入して、認めてもらえれば、助成金が振り込まれることになりますので、ぜひ活用しましょう。

オススメ記事:派遣法が改正!専門26種も派遣期間最長3年!

まとめ

多様な正社員制度を導入するときの障害についてでしたが、必ず出てくるのが、賃金制度、労働時間、労働生産性の低下です。逆にこの3つを克服することで、多くの会社が週4日の勤務制度を導入することができるということなんですね!こうしたときにお役に立てるのが、社会保険労務士になります。お近くの社会保険労務士にご相談くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク