働き方改革関連法案の施行予定日が決まっています。国会で働き方改革関連法案が議論されているのですが、別の問題で議論が進んでいないかもしれないですが、労働基準法が制定されて以来の大規模な改正になります。この働き方改革関連法案の施行予定日が既に決まっており、企業はこれに順次対応していかなくてはなりません。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

働き方改革関連法案の施行予定日

働き方改革関連法案の施行予定日ですが、平成31年4月1日の施行が予定されています。

 

ただし、割増率の猶予廃止は平成34年4月1日に施行となります。

 

そのほかに、中小企業については、改正パートタイム労働法の適用が平成32年4月1日まで猶予されています。

 

今年度、平成30年度については、大企業が法改正対応への準備を進めていく1年となります。

オススメ記事:パートさんが1年契約で5年ですが大丈夫?

中小企業には猶予期間があるといえ、大企業が準備を進めるので影響を受けることは予想に難しくないと思います。

 

それに中小企業は、大企業と違い人員に余裕がありませんので、対応するための準備期間が長くなることも考えられます。

 

平成30年度は働き方改革への動きが加速していくことは、間違いなく、企業運営も影響を受けることは必至の年となると思います。

 

以下、労働行政の動きをお知らせします。

行政機能の強化

労働基準監督署

労働基準監督署は、労働基準法などの法令を事業主がちゃんと守っているかを監督する機関になります。

 

しかし、労働基準監督署の人員も多くないため、調査しきれない部分があります。

 

36協定だけでいえば定期調査ができているのは、全事業主の3%ほどといわれています。

 

そこで、労働基準監督署の人員増加という策が講じられる予定です。

スポンサードリンク

 

人員増加には、単純に監督官の増員とOBの採用をするようです。

 

これでも人数が足りないので、社会保険労務士なども動員して36協定の監督に乗り出す方針が決定されました。

オススメ記事:時間外労働の上限規制の導入などについて

労働局

労働局は、各都道府県に設置されている厚生労働省の出先機関です。

 

労働行政を担っており、働き方改革においても重要な役割を果たすことが求められています。

 

しかし、労働局は労働行政に関する事務を行う機関のため、働き方改革に必要ないろんな情報を十分に把握することが困難です。

 

こうしたことから地域の金融機関と連携することで、こうした情報を収集し、活用するよう取り組みが広がっています。

 

この連携により働き方改革の目的である生産性の向上や成長産業への円滑な労働移動の推進が期待されています。

オススメ記事:助成金と補助金の違いってご存知ですか?

まとめ

働き方改革関連法案の施行予定日は決まっていますので、企業はこの対応をしていくことになります。大企業で対応する1年になるのですが、中小企業も影響を受けて対応していくことが予想されます。特に中小企業は人員に余裕がないため、準備に時間がかかってしまいますので、こうした場合は、社会保険労務士に相談され、できるだけ時間をかけないように対応される方が良いのではないかと思います。ぜひ、お近くの社会保険労務士にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク