働き方改革が必要なわけですが、今の雇用情勢をご存知でしょうか?すでにバブル経済のときを超える状況となっています。それに今後、急激に労働人口は減少していくことはわかっており、人不足はずっと続いていくことは間違いありません。これからの経営における最大の課題は人材不足といっても過言ではない状況になります。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

今、働き方改革が必要なわけ

雇用情勢を簡単ではありますが、毎年の1月の数値ですが、グラフにしました。

昭和47年あたりは、高度経済成長期のピークの有効求人倍率で、平成3年あたりはバブル経済になります。

 

そのときよりもグラフを見て頂くと平成30年は有効求人倍率が高いですよね!

 

このグラフの数値は全国平均なので、各地方にするともっと高い数値になります。

 

私が住んでいる愛知県は1.88倍、岐阜県は1.99倍、三重県は1.95倍と全国よりも高い有効求人倍率となっています。

 

数値からもわかるように今、人材を集めることが非常に難しくなっています。

 

極端な話ですが、お客様よりも従業員を大切にする時代なのかもしれないですね。

 

実際にすでに従業員を大切にする会社さんはありますね!

 

高度経済成長期、バブル経済の求人のときは、団塊の世代、団塊ジュニア世代とあり、人がたくさんいましたが、今回は少子高齢社会で人がいないということで、そういった世代がありません。

オススメ記事:多様な正社員制度!先行企業A社の導入事例!

とにかくこれからは、人口が減っていく時代に入っていますので、労働人口もますます減っていきます。

 

女性やお年寄りにも働いてもらわないと経済活動ができない状況に日本はなっているのです。

 

もうすでに従業員不足により倒産する企業も出てきています。

 

今、中小企業の経営における最大の課題は人材不足をどう解消していくかになっています。

スポンサードリンク

 

バブル期を超える超が付くほどの人材不足の時代となっていますが、今回はそれに労働力人口の減少という我が国の構造的な問題が加わっていることから、今後は安定的な人材の確保と育成が企業の存続のための絶対条件となっています。

 

いかに入社した人を辞めさせないようにしていくことができるかがポイントになると思います。

 

人が抜けてしまうと入ってくる人が少ない、もしくは、いないので非常に苦労することになります。

 

人材確保と育成を実現するためのポイントとしては、

  1. 長時間労働や休日出勤を前提とした働き方の脱却
  2. ハラスメントなど安心して働くことができない労働環境の撲滅
  3. 育児や介護などとの両立ができる多様な働き方の実現
  4. 期待される役割が明確にされ、効果的に人材育成が進められる環境
  5. 分かりやすい人事評価が行われ、効果的にフィードバックされる環境
  6. 職務内容や貢献度の高さに基づいた適切な賃金の支払い

 

求人情報を見て応募する人たちはこうした6つのポイントを満たす職場を探しています。

 

今の人は、仕事だけでなくプライベートの時間も重要視しているので、短時間で効率的な仕事の仕方が必要になってきています。

 

企業として、安定的に人材を集めることができれば、今後、経済活動を継続的に行うことができると思います。

オススメ記事:価値観の多様化による正社員制度の変化

まとめ

働き方改革が必要なわけについてですが、募集をしても人が集まらないという企業は今、非常に多いと思います。それは、応募する人というのは、どこを見ているかということを考えれば、働きやすい職場に応募するはずですよね。これからは企業がどれだけ従業員を大切にして、働きやすい職場を提供できているかというのが、今後、人材が集まるか集まらないか求人力が決まってくると考えられます。超人材不足の時代のために会社全体の働き方改革を社会保険労務士に任せてみませんか?就業規則の改訂、人材募集、採用、教育、入退社手続きなどの手続きを専門家である社会保険労務士にぜひ、ご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク