キャリアアップ助成金が平成30年度も引き続き申請することができますので、拡充や変更点についてご紹介します。非正規社員の企業内でのキャリアアップを促進のため、正社員化や処遇改善などの取り組みを実施した事業主に対してキャリアアップ助成金による支援を受けられます。国会によって変更される可能性はあります。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

キャリアアップ助成金の拡充や変更点について

正社員化コース

就業規則などに規定した制度に基づいて、非正規社員を正社員にした場合に助成されます。

 

変更された点は、支給申請の上限人数を15人から20人に拡充されました。

 

支給要件が追加され、『正社員へ転換した際に、転換後6カ月の賃金が転換前6ヶ月の賃金に比べ、5%以上増額していること』、『有期契約社員からの転換の場合は、対象労働者が転換前に事業主で雇用されていた期間が3年以下に限ること』が追加されました。

 

平成29年度までは、有期契約労働者から無期雇用労働者に転換させた場合についてのみ、基本給を5%以上増額させることを要件としていましたが、有期から正社員に転換させた場合に、処遇の改善について定めていなかったこと、転換しても賃金等の処遇の改善が図らていないまま支給申請がなされる事案が散見されました。

 

総務省の労働力調査では、正社員が減少傾向にあったのが、平27年以降増加していることと、上記のことから要件を追加していくことになりました。

 

平成30年4月から無期転換ルールが本格的に運用されることを踏まえ、早期に転換をしていただいた事業主に対して助成していくため、転換前の雇用期間が3年以下の有期契約労働者を対象とすることを予定しています。

 

無期から正社員に転換させた場合は、現行と変わらず3年を超えて雇用されている方もこのコースの助成対象となります。

オススメ記事:助成金と補助金の違いってご存知ですか?

人材育成コース

人材開発支援助成金に整理統合される予定です。

 

平成30年3月31日までに訓練計画届の提出がされている場合は、人材育成コースとして支給申請をすることができます。

 

賃金規定等共通化コース

このコースは、正社員と共通の職務等に応じた賃金規定等を新たに作成し、適用した場合に助成されます。

 

変更点は、対象となった非正規雇用労働者の人数に応じて助成額を上乗せする加算措置の創設が新たに設けられました。

スポンサードリンク

 

平成29年度までは、1事業所あたり定額の助成なので、非正規社員が1人でも10人でも同額でした。

 

これを多くの非正規雇用労働者の方を対象に賃金規定との共通化を実施した事業主への支援を充実させるために、人数に応じて助成額を上乗せする加算措置の創設を予定しています。

 

これは中小企業であれば、1人2万円が上乗せ助成額になります。

オススメ記事:正規・非正規の基本給のこれからについて

諸手当制度共通化コース

正社員と共通の諸手当制度を新たに設け、適用した場合に助成されます。

 

対象となった非正規社員の人数に応じて助成額を上乗せする加算措置の創設と、同時に共通化した諸手当制度の数に応じ助成額を上乗せする加算措置の創設がされました。

 

賃金規定等共通化コースと同様に平成29年度までは、1事業所あたりの助成額が定額となっていたのを、人数に応じて助成額を上乗せする加算措置としました。

 

このコースには、11の諸手当が助成の対象として規定されていますが、1つでも共通化したときに助成されていたのを複数の諸手当を共通化した事業主に対して、数に応じて助成額を上乗せする加算措置としました。

 

上乗せ助成額は、人数に応じた加算措置は、中小企業で1人1万5千円、諸手当の数に応じた加算措置は、中小企業は16万円が助成されます。

オススメ記事:正規・非正規社員のこれからの手当について1

まとめ

キャリアアップ助成金の拡充や変更点については、人数の拡充、今まで定額だった助成金が人数や諸手当の数で加算される措置が創設されています。今まで、定額だったので実施しなかったことがあれば、加算措置ができてよりやりやすくなったと思いますので、ぜひ、この機会に対応してみてはいかがでしょうか。お近くのハローワークでも教えてもらえると思いますが、唯一、助成金対応ができる社会保険労務士に依頼したり、相談してみることも検討していただければと思います。お近くの社会保険労務士、または当事務所へご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク