働き方改革の位置づけとニッポン一億総活躍プランについてですが、首相が掲げる一億総活躍というスローガンで、働き方改革を最重要課題と位置付けているわけですが、なぜなのか?それは、皆さんもご存知の通りの少子高齢社会と人口減少から短い時間で多く仕事ができる『仕事の生産性向上』が最重要ポイントとなっています。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

働き方改革の位置づけと総活躍プラン

働き方改革については、このブログを書き出したばかりのときに書いたことがありますが、再度、復習ということで書いていきたいと思います。

 

働き方改革の位置づけは、国の最重要課題としてされていますので、一番高いところに位置付けられています。

 

なぜ、働き方改革が最重要課題なのかというと、少子高齢社会と人口減少から、現在は、人手不足で仕事はあるけど、人がいないという状況ですよね!

 

これは、これからますます深刻になっていきます。

 

人が少なくなっていくので、仕事も効率的に少ない人数で、今までと同じ価値を生み出さなければならないのです。

 

こうした理由から仕事の生産性を向上させることが働き方改革へとつながります。

 

つまり、働き方改革というのは、生産性を向上させることなんです!

オススメ記事:働き方改革で!雇用システムがこう変わる!?

生産性を向上させることで短い時間で働けるようにすることで、育児や介護、病気の方や障がいの方でも働ける社会を目指しているわけです。

 

では、まず、こうした方に対するためには、多様で柔軟な働き方を選択できる社会の実現や労働者目線の企業文化、会社の風土見直しといった現在の日本の会社で問題となっている課題への対応が必要になります。

 

よく働き方改革は、残業時間を削減すればよいという考えの方がいますが、残業時間をただ減らせばよいというわけではありませんので、注意していただきたいです。

 

働き方改革には、残業時間の削減だけでなく、長時間労働の是正に同一労働同一賃金、有給休暇取得率UP、テレワークの推進、ダイバーシティの向上などの具体的な取り組みに関する指針があります。

 

これら指針を示し、さらに実行し、実現していくことで生産性を向上・改善させると考えられています。

 

生産性の向上というのは、単純に言えば、少ないコストと少ない労働量で、たくさんの価値のあるものを生み出すこと、利益を上げることですよね。

 

これは、労働者と会社の双方にとって嬉しいことなので、生産性向上を目指さない理由はありません。

 

働き方改革の狙いとしては、生産性を向上させて、経済を活性化し、国際競争力を高め、国民一人一人の生活も豊かにしていこうということになります。

スポンサードリンク

 

そうは言っても、そんなうまくいくんですか?ということを考えますよね!

オススメ記事:職場におけるパワーハラスメント対策とは?

仕事の生産性はどうやって上げる?

仕事の生産性を上げるといっても、仕事のやり方を変えなければならなくなります。

 

ここで注意することは、長時間労働をしない、コスト削減といったことをするだけでは、生産性を向上させたといわずに、規模を縮小したということにもなりかねません。

 

規模を縮小した場合は、本来得られた顧客を獲得する機会を失うこともなり、これでは本末転倒ということになってしまいます。

 

手段と目的をしっかりと見極め、その時の状況に応じて最適化をしていくことで無駄を省いていくことが必要になってきます。

 

今までの仕事のやり方をアップグレードし、無駄がなく短い時間で作業し、今まで以上に付加価値のあるものを生み出していかなければなりません。

 

今後の日本の状況から生産性向上は、経営の最重要課題になります。

 

生産性向上の一つにITの活用があります。

 

一般事務にIT導入は、パソコンの普及で進んでいますが、宿泊業や飲食業、運送業などの業種では、まだまだIT導入が進んでいないというところもあります。

 

少ない働きから多くの利益を出すためには、ITは不可欠になっています。

 

働き方改革で、柔軟で合理的判断に基づいた真の生産性向上とIT導入を行わなければ、実現することは難しいです。

 

小手先の方法で達成できるような状況でもありませんので、ここは、慣れたやり方を変えるほど、大変なことですが、目標をしっかりと見据えて取り組み成果を上げ、様々なアイデアを仲間と出しながら質の高い改善の繰り返しが求められています。

オススメ記事:年次有給休暇の取得が義務化される!?

まとめ

働き方改革の位置づけは最重要課題と位置づけされており、総活躍プランというのは、働き方改革で、効率的に働けるようになることで、育児や介護、病気の方や障がいをお持ちの方でも働くことができる社会を目指しています。そして、これから生産性向上は経営の最重要課題になります。働き方改革は、社会保険労務士が対応していくことになります。ぜひ、お近くの社会保険労務士にご相談していただき、会社をより発展していっていただきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク