無期転換にも特例として、『無期転換申込権が発生しない』という特例があります。それは『高度専門知識を有する者及び定年後再雇用者』が対象です。こちらは都道府県労働局に計画を提出して、認定を受ける必要があります。認定を受けた後に、有期労働契約を締結するという流れになります。こちらも特例の要件があります。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

高度専門知識を有する者及び定年後再雇用者とは?

『高度専門知識を有する者及び定年後再雇用者というとどんな人だろう?』って思いますよね!

高度専門職の範囲が決められています。

 

高度専門職の範囲

  1. 博士の学位を有する者
  2. 公認会計士、医師、歯科医師、獣医師、弁護士、一級建築士、税理士、薬剤師、社会保険労務士、不動産鑑定士、技術士または弁理士
  3. ITストラテジスト、システムアナリスト、アクチュアリーの資格試験に合格している者
  4. 特許発明の発明者、登録意匠の創作者、登録品種の育成者
  5. 大学卒で5年、短大・高専卒で6年、高卒で7年以上の実務経験を有する農林水産業・鉱工業・機械・電気・建築・土木の技術者、システムエンジニアまたはデザイナー
  6. システムエンジニアとしての実務経験5年以上を有するシステムコンサルタント
  7. 国等(※)によって知識等が優れた者であると認定され、上記1から6までに掲げる者に準ずるものとして厚生労働省労働基準局長が認める者
    (※)国、地方公共団体、一般社団法人又は一般財団法人その他これらに準ずる者をいいます。

 

上記のように高度専門職の範囲があり、見て頂くとお分かりになると思いますが、難しい試験に合格したか、相応の実力を有している方になります。

オススメ記事:モデル就業規則の改定案が示されました

年収要件

こちらでは、上記の範囲以外で、年収要件についてです。

 

事業主との間で締結された有期労働契約の契約期間に、その事業主から支払われると見込まれる賃金の額を、1年間当たりの賃金の額に換算した額が、1,075万円以上(※)であることが必要です。

(※)支払われると見込まれる賃金の額というのは、契約期間中に支払われることが確実に見込まれる賃金の額をいいます。

 

プロジェクトが1年以上の場合に、1年当たりにして1,075万円以上になる場合は、年収要件に該当しますので、特例の適用が可能です。

オススメ記事:ダラダラ残業した方がお得になっていませんか?

スポンサードリンク

特例の内容

高度専門知識を有する者及び定年後再雇用者の特例について、範囲と年収要件は分かった!

と思いますが、いったいどんな内容なのか?

これが気になるところだと思います。

 

特例の内容ですが、

通常は、同一の使用者との有期労働契約が通算5年を超えて反復更新された場合に無期転換申込権が発生しますが、

  • 適切な雇用管理に関する計画を作成し、都道府県労働局長の認定を受けた雇用主に雇用され、
  • 高収入で、かつ高度の専門的知識を有し、
  • その高度の専門的知識等を必要とし、5年を超える一定の期間内に完了する業務(特定有期業務、以下プロジェクト)に従事する

有期雇用労働者(高度専門職)については、そのプロジェクトに従事している期間は、無期転換申込権が発生しません。ただし、無期転換申込権が発生しない期間の上限は、10年です。

(※)毎年度行われる業務など、恒常的に継続する業務は含まれません。

 

例えば、7年のプロジェクトの開始当初から完了まで従事する高度専門職については、その7年間は無期転換申込権が発生しません。

ここで注意ですが、

プロジェクトが終了した後、引き続き有期労働契約を更新する場合は、通常の無期転換ルールが適用されますので、無期転換申込権が発生します。

オススメ記事:病気と仕事の両立について検討されていますか?

まとめ

無期転換の特例についてでしたが、なかなか難しいですね!『1年の年収が1,075万円以上で、職業が範囲に入る方に関しては、注意してみる必要がありそうだな!』と思っていただければと思います。あとは、その人が特例に該当するかどうかは、お近くの社会保険労務士に判断していただければ確実だと思います。ぜひ、お近くの社会保険労務士にご確認してくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク