トラック運転者の労働時間等の改善を図るため、厚生労働大臣告示「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)」が策定されていますので、改善基準のポイントを紹介していきます。自動車運者というと、今回のトラック以外にも、タクシー、バスがあります。今回は、タクシー、バスは含まれておりません。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

トラック運転者の労働時間等の改善基準のポイント

拘束時間・休息期間

改善基準告示では、自動車運転者(以下、運転者)の労働の実態を考慮し、拘束時間、休息期間等について基準を定めています。

 

拘束時間とは、始業時刻から終業時刻までの時間をいい、労働時間と休憩時間、休憩時間には仮眠の時間も含み、その合計時間を拘束時間としています。

 

休息期間とは、勤務と次の勤務の間の時間で、睡眠時間を含む労働者の生活時間として、労働者にとって業務に縛られない全く自由な時間のことを休息期間としています。

出典:トラック運者の労働時間等の改善基準のポイント

オススメ記事:パートから正社員の登用制度導入事例!

拘束時間の限度=休息期間の確保

1ヶ月の拘束時間は、

  1. 1ヶ月の拘束時間は原則として293時間が限度になります。
  2. ただし、毎月の拘束時間の限度を定める書面による労使協定を締結した場合には、1年のうち6ヶ月までは、1年間の拘束時間が3,516時間(293時間Ⅹ12ヶ月)を超えない範囲内において、1ヶ月の拘束時間を320時間まで延長することができます。

出典:トラック運者の労働時間等の改善基準のポイント

 

1日の拘束時間と休息期間は、

  1. 1日の拘束時間は13時間以内を基本とし、これを延長する場合であっても16時間が限度になります。ただし、別途制限があります。
  2. 1日の休息期間は継続8時間以上必要になります。

拘束時間と休息期間は、合計すると24時間になるようになっており、1日は始業時刻から起算して24時間を言いますので、結局、1日(24時間)=拘束時間(16時間以内)+休息期間(8時間以上)となります。

出典:トラック運者の労働時間等の改善基準のポイント

 

拘束時間・休息期間の計算方法は以下の通りになります。

出典:トラック運者の労働時間等の改善基準のポイント

 

  1. 1ヶ月の拘束時間が改善基準告示を満たしているかどうかは、1カ月間の各勤務の拘束時間(始業時刻から終業時刻まで)をそのまま合計してチェックします。
  2. 1日の拘束時間が改善基準告示を満たしているかどうかは、始業時刻から起算した24時間以内の拘束時間によりチェックしていきます。

 

1週間における1日の拘束時間延長の回数の限度は、1日の拘束時間を原則13時間から延長する場合であっても、15時間を超える回数は1週間につき2回が限度になります。

 

このため、休息期間が9時間未満となる回数も1週間につき2回が限度となります。

 

したがって、片道拘束15時間を超える長距離の往復運送は1週につき1回しか行えません。

 

改善基準告示に違反しないためにはいっての工夫が必要になります。

スポンサードリンク

出典:トラック運者の労働時間等の改善基準のポイント

出典:トラック運者の労働時間等の改善基準のポイント

オススメ記事:職場におけるパワーハラスメント対策とは?

休息期間の取り扱いについては、運転者の住所地での休息期間が、それ以外の場所での休息期間より長くなるよう努めるようにしましょう。

 

休日の取り扱いは、休息期間+24時間の連続した時間をいいますが、ただし、いかなる場合でもこの時間を30時間を下回ってはならない。

 

休息期間は、原則として8時間確保されなければならないので、休日は、「休息期間8時間+24時間=32時間」以上の連続した時間ということになります。

 

また、隔日勤務の場合は、20時間以上の休息期間が確保されなければならないので、休日は、「休息期間20時間+24時間=44時間」以上の連続した時間となり、この時間に達しない場合は、休日として扱われません。

出典:トラック運者の労働時間等の改善基準のポイント

 

運転時間の限度

運転時間の限度ですが、1日の運転時間は2日平均で9時間が限度なっています。

 

1日当たりの運転時間の計算に当たっては、特定の日を起算日として2日ごとに区切り、その2日間の平均とすることが望ましいですが、この特定日の最大運転時間が改善基準告示に違反するか否かは、

上記、ともに9時間を超える場合は、改善基準告示に違反し、そうでない場合は、違反とはなりません。

 

出典:トラック運者の労働時間等の改善基準のポイント

 

1週間の運転時間は2週間ごと平均44時間、連続運転時間は4時間限度となりますが、ただし、運転開始後4時間以内又は4時間経過直後に運転を中断する場合の休憩等については、少なくとも1回につき10分以上としたうえで分割することもできます。

 

「時間外労働及び休日労働の限度」と「特例」がありますが、この2つは次回にさせて頂きます。

オススメ記事:行政の働き方も改革?!電子申請を要請!

まとめ

トラック運転者の改善基準告示について、1ヶ月の拘束時間は原則293時間、労使協定を締結すれば延長できるが限度があります。拘束時間と休息期間は、合計すると24時間になります。休日は、休息期間と24時間で休日扱いと出来ます。1週間の運転時間は2週間の平均で44時間まで、連続運転時間は4時間までで1回につき10分以上の休憩をとるなど細かいルールがあります。次回は、「時間外労働及び休日労働」と「特例」についてご紹介していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク