「働き方改革」の記事一覧(2 / 13ページ目)

特定高度専門業務、成果型労働制の創設

働き方改革

特定高度専門業務、成果型労働制の創設とは、高度プロフェッショナル制度のことで、時間ではなく成果を評価される働き方を希望する労働者のための制度になります。この高度プロフェッショナル制度の適応を受けるためには一定の年収要件を […]

年次有給休暇5日間義務化のカラ休暇問題

働き方改革

年次有給休暇5日間義務化で予想されるいわゆるカラ休暇取得をめぐる問題について、法定休日ではない所定休日を労働日に変更することで、年次有給休暇を時季指定するということを考える企業も今後現れると思われます。しかし、こうした場 […]

使用者の時季指定制と就業規則について

働き方改革

使用者の時季指定制と就業規則について、時季指定付与年休の就業規則への必要的記載ですが、休暇に関する事項は就業規則の絶対的必要記載事項であるため、使用者が法第39条第7項による時季指定を実施する場合は、時季指定の対象となる […]

特別休暇と改正法の指定休暇をめぐって

働き方改革

特別休暇と改正法の指定休暇をめぐって、特別休暇というのは法定外休暇のことをいうことから特別休暇といいます。法定日数を超える年休や法定要件が備わらないのに与えられる年休などの法定外年休については、その成立要件・法的効果など […]

年休を5日以上の時季指定による付与制度

働き方改革

年休を5日以上の時季指定による付与制度について、年次有給休暇の取得率が低迷しており、いわゆる正社員の約16%が年休を1日も取得しておらず、また、年休をほとんど取得していない労働者については長時間労働者の比率が高い実態にあ […]

フレックスタイム制改正!?どうなった?

働き方改革

フレックスタイム制が改正され、今までは1ヵ月の清算期間だったのを、3ヵ月に延長できるようになりました。これで、例えば、6月~8月をフレックスタイム制にすることで、子どもの夏休みの時期は、労働時間を減らし、他の月で増やすと […]

転勤!?残業時間の上限はどうなるの?

働き方改革

転勤した場合の時間外労働・休日労働時間の上限について一体どう取り扱われるのか、ご存知ですか?転勤する場合、業務はそのままということもありますが、転勤に伴って業務が変わることもあります。残業時間が職場が変わったことで通算さ […]

36協定の締結内容をめぐって!?

働き方改革

36協定の締結内容について、『新36協定様式の記載上の注意』、『36協定のいわゆる通常の協定の「時間外、休日労働させることができる場合」の具体的事由』、『通常予見することのできない業務の大幅な増加等により臨時的に限度時間 […]

ページの先頭へ

error: Content is protected !!