中小企業の経営者の方には雇用の助けになると思うトライアル雇用助成金の紹介です。トライアル雇用助成金というのは、一般と若者・女性建設労働者と2つのコースが用意されています。助成金額は、大きくはありませんが、試行雇用時にかかる費用を少しでも軽減出来て雇用しやすくなるので、ぜひ、利用していただきたいです。

スポンサードリンク

クリックして頂けると
大変嬉しいです\(^o^)/

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます。m(_ _)m

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

こんにちは!

大矢社会保険労務士事務所の大矢です。

トライアル雇用助成金

どんな助成金か?

一般トライアルコース

職業経験、技能、知識等から判断し、安定的な就職が困難な有職者について、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、一定期間(原則として3ヶ月)試行雇用を行った事業主に対して助成。

オススメ記事:管理監督者の深夜労働割増賃金っていくら?

若者・女性建設労働者トライアルコース

若者(35歳未満)または女性を建設技能労働者等として一定期間(原則として3ヶ月)試行雇用し、トライアル雇用助成金(一般トライアルまたは、障害者トライアルコース)の支給を受けた中小建設事業主に対して支給。

 

障害者トライアルコース

就職が困難な障害者を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、一定期間(原則として3ヶ月)試行雇用を行い、一定の要件を満たした事業主へ助成。

 

障害者短時間トライアルコース

直ちに週20時間以上勤務することが困難な精神障害者・発達障害者を、3ヶ月から12ヶ月の期間をかけながら20時間以上の就業を目指して試行雇用を行い、一定の要件を満たした事業主へ助成。

オススメ記事:日雇い従業員にも休業手当!?計算方法は?

いくら助成されるのか?

一般トライアルコース

一人当たり月額で最大4万円(最長3ヶ月間)

※・対象労働者が母子家庭の母等、または父子家庭の父の場合

・若者雇用促進法に基づく認定事業主がトライアル雇用

(開始日に対象者が35歳未満である者に限る)を実施する場合

→月額で最大5万円(最長3ヶ月)

 

若者・女性建設労働者トライアルコース

1人あたり月額で最大4万円(最長3ヶ月間)

 

障害者トライアルコース

1人当たり月額最大4万円(最長3ヶ月間)

スポンサードリンク

※精神障害者に対して障害者トライアル雇用を実施する場合、支給額は雇入れ日から起算して3か月の間は月額最大8万円。以降、月額最大4万円を支給(最長6ヶ月)

 

障害者短時間トライアルコース

1人当たり月額最大4万円(最長12ヶ月)

※障害者トライアル雇用助成金受給後に正規雇用へ移行した場合、特定求職者雇用開発助成金の併給が可能

 

活用してよかったこと

  • トライアル雇用制度を活用し、予想を裏切る素晴らしい人材を採用することができ、社内も今までにないフレッシュな風が吹くようになりました。
  • 新人教育には経費もかかりますが、この助成金を研修費に充てることにより、会社にとっては経費削減となり、また本人にとってはスキルアップにつながっており、労使双方に対し良い制度であると思います。
  • 労使双方が一定期間で適性を見極めることができ、リスクが少なくて済みます。
  • 事前に応募者の人柄や募集職種への対応力を把握することができ、また、助成金まで頂き安心して雇用することができた。
  • そもそも助成金受給が目的で雇用したわけではないが、実際に活用してみれば、中小企業にとっては非常にありがたい制度であった。ゆくゆくは正社員化を目指し、安定雇用へとつなげていきたい。
  • 障害がある方のために、必要な物品等の購入経費に充てることができ助かった。
  • 新人教育に係る経費に充当することができ、非常にありがたい制度だと思う。

オススメ記事:懲戒処分の基本的な考え方(裁判所の判断)

まとめ

トライアル雇用助成金の手続きの流れは、まず、ハローワークへトライアル雇用対象求人を申込み、ハローワーク等の紹介により採用・就職をします。トライアル雇用実施(開始後2週間以内に計画書を提出)、トライアル雇用終了したら、支給申請をして助成金を受け取ります。トライアル雇用助成金に関しては、このような流れになりますが、別の助成金は、申請の仕方が違います。助成金によって、変わってきますので、助成金にお困りでしたら、お近くの社会保険労務士か当事務所までご相談ください。

 

当事務所のホームページから無料相談をしていただくことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのクリックが私の元気!
順位が表示されるまで待ってね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

クリックありがとうございます!

スポンサードリンク